2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第127回 第10回SPZクライマックス(前編) | トップページ | 第129回 スターライト相羽海外修行中 »

2007年5月27日 (日)

第128回 第10回SPZクライマックス(後編)

これまでのあらすじ

10年目9月

「できることなら今すぐ小川さんをかっさらって駆け落ちしたい」そうこぼす今野社長。溺愛していた選手の小川ひかるが引退して、落ち込む社長。しかしSPZ最大のイベント「SPZクライマックス」が今年も開催される。今年の注目はなんといっても吉田龍子のV3(達成すれば草薙みことと並ぶ記録)がなるかどうか。そしてリーグ戦がはじまり、吉田は落ち着いて開幕3連勝。強敵・永沢舞を7分6秒で始末するなど好調。

第5戦は岡山大会。

上原○(5点、ニールキックからの片エビ固め 13.08)草薙(2点)

根強いファンを持つ両者の戦い。さきに集中力が切れたのは草薙で、上原の踵落としを食らってフラフラに。しかし草薙も残る力を振り絞って草薙流兜落とし、DDT.しかしこの攻めを受けきった上原がー

「かわいそうだけどこれで終わりっ」

ダイナミックなフォームでニールキック炸裂。吹っ飛んだ草薙は3カウントを奪われた。

永沢○(2点、JOサイクロン、20.41)伊達(3点)

「最後の1期生」伊達が懸命にエルボーで食らいついていくも、永沢が休まずフロントスープレックスで投げまくる。後半は伊達、サンドバッグ状態。ジャンピングニーからネコキック。最後は永沢、伊達に礼を尽くしたのか、JOサイクロンで投げきって3カウント奪取。リーグ戦初白星を挙げた。

スイレン○(4点、草薙流兜落としからの片エビ固め 20.06)ハイブリッド(4点)

意外にもスイレンがキレイな投げ技をドカドカ繰り出し優位に立つ。ならばとハイブリッドもサソリ固めやアキレス腱固めでスイレンをキリキリ舞いさせるが、運の悪いことにことごとくロープ際。ハイブリッドの極め技攻勢をしのいだスイレン

「これで決めますっ!」

草薙流兜落とし炸裂。この後のフォールをハイブリッド南返せず。

えええええええええええ!

館内のリアクションは上記の感じ。新鋭のスイレン草薙、デビュー2年半でトップグループに追いついた。

吉田○(8点、スプラッシュマウンテン 15.31)新咲(4点)

「今日勝てば優勝はまあ固いね」

控室に貼られた手書きの星取表を眺めて、ペットボトルの水を飲みながら吉田がひとこと。

「でもまあ、ゆっこも強くなってきたから気合い入れていくよ」セミで対抗馬のハイブリッドが負けて、ますます有利になった吉田。

試合は中盤まではパワーに勝る吉田が押していたが、

「はああー、いっくよーっ」

高速ジャーマン。カウント2で返す吉田。これで少しは本気になったのか、プラズマサンダーボム2連発からスプラッシュマウンテンという怒涛の大技攻勢で新咲を破壊。

リーグ戦4試合を消化して吉田龍子が4戦全勝。そのほかの選手は潰しあいを展開して、2勝1敗1分けで上原が追う。吉田の残る相手は伊達草薙ハイブリッド。最終戦のハイブリッドはともかく後の2人はいまの吉田が負ける相手ではない。

*******************

第6戦は奈良大会。

永沢○(4点、JOサイクロン 15.20)上原(5点)

永沢がSPZ王者の意地を見せて終始優勢に試合を進める。中盤にJOサイクロンを食らってからは上原の動きがめっきり鈍くなり、そこを突いて永沢が猛攻。最後はラリアット、2発目のJOサイクロン。これでカウント3。永沢、2勝目を挙げた。

新咲○(6点、シャイニングウィザードからの片エビ固め 15.52)スイレン(4点)

スイレンも懸命に新咲を投げつけていったが、持てる技の引き出しの多い新咲が優位に立ち、フェイスクラッシャー2連発からシャイニングウィザードで危なげなく勝利。

ハイブリッド○(6点、ヒップアタックからの片エビ固め 10.20)草薙(2点)

かつては「夏女」と言われた草薙もここ1年で地力は相当下がっており、終盤はハイブリッドの攻めの前にサンドバッグ状態。最後は踵落とし2連発に意識が飛んでしまい、ヒップアタックで3カウントを奪われた。

吉田(10点、パイルドライバーからの片エビ固め 11.19)伊達(3点)

新旧絶対王者対決。吉田のパワーの前に伊達なすすべなし。吉田も大先輩に敬意を表したのか、早めのスプラッシュマウンテンで沈めにかかる。これはカウント2.5で返した伊達、SPZキックで反撃するがあとが続かず、ギロチンドロップからのパイルドライバーに沈んだ。吉田全勝キープ。ニヤリと笑った。

*******************

第7戦は新潟大会

永沢○(6点、JOサイクロン、24.32)スイレン(4点)

似たようなファイトスタイルの両者、しかし投げ技では永沢に一日の長がある。終始安定した試合運びでスイレンを追い込み、最後はJOサイクロンで粘るスイレンを仕留めた。

ハイブリッド○(8点、ネオ・サザンクロスロック 7.49)伊達(3点)

ハイブリッドが伊達とひとしきりやりあった後、ネオサザンを決めて完勝。7分49秒であっさりやられた伊達、内容の悪すぎる敗戦に呆然と引き揚げた。

新咲○(8点、キャプチュード24.51)上原(5点)

上原が追い越された後輩、新咲相手に奮闘し、ジャーマンでカウント2.9まで追い込む。しかしここで決めきれないのが上原のもろさ、ハイキックからキャプチュードの逆襲で3カウントを奪われた。

吉田○(12点、ギロチンドロップからの片エビ固め、10.13)草薙(2点)

負けなければ優勝の吉田。きょうの相手は往年の力がなく、まだ1勝しか挙げていない草薙みこと。誰の目から見ても力の差は明らかで、吉田のエルボー乱打に防戦一方、さらに口の中を切り流血。これでもうあとは一方的な吉田ペース。草薙、シューティングスタープレスはヒザで迎撃したものの、パイルドライバー、ギロチンの攻めに沈んだ。これで吉田龍子、SPZクライマックス3連覇達成。草薙みことの大記録に並んだ。

「記録は破られるためにあります。まあ・・仕方ないですね、吉田選手がすごかっただけです。」

    ******************

最終戦はさいたまドーム大会。消化試合にもかかわらず4万人超のファンで埋まった。

上原○(7点、フライングニールキックからの片エビ固め25.43)スイレン(4点)

去年このカードで負けている上原が猛然と攻める。スイレンも長丁場のリーグ戦、最後に来て疲れが隠せない。上原のフェイスクラッシャーからのニールキック、カウント2.9やロープブレイクで返し続けたスイレンだが、3発目のニールキックでついに撃沈。

「ハァ、ハァ・・・・」

25分の激闘を上原が制し、先輩の意地を見せた。スイレン、2勝に終わり、予選会落ち決定。

永沢○(8点、ムーンサルトプレス10.16)草薙(2点)

SPZ王者の永沢、3連敗の後4連勝。この日も草薙相手に危なげない戦いを見せ、最後はムーンサルトでカッコよく締めた。格下相手には取りこぼさない永沢、しかしチャンピオンでありながら吉田ハイブリッド新咲の実力者3人に負けたのはあまりにも痛い。

かつての夏女、草薙みことは伊達に勝っただけの1勝6敗で終了、長年のシード権を失った。「もう潮時かも知れませんね」弱気なコメントも出した。

新咲○(10点、ジャーマン26.41)伊達(3点)

新咲の猛攻に1期生の伊達、ついていくのがやっと。SPZキックで打開を図るが、受けきった新咲が一歩一歩追い詰めてゆく。伊達もひさかたぶりのSTOまで繰り出して、新咲をあわてさせたが、

「はぁぁー、いっくよーっ」

高速ジャーマン炸裂。伊達の長身が頭からマットに沈む。伊達はもはや身体に力が入らず、3カウントを聞いた。敗れたとはいえ伊達、前SPZ王者の新咲相手に26分も粘ったのだからたいしたものである。リーグ戦はスイレンに勝って上原に引き分けただけの3点に終わり、シード権を失った。

吉田(14点、スプラッシュマウンテン 11.41)ハイブリッド(8点)

「負けて表彰式なんて恥ずかしいよ。勝って賞金を受け取りたいね、それに先月横浜でやられたときのお返しをしないと」

試合前のコメントどおり序盤からムーンサルトを放つなどエンジン全開吉田龍子。あとはラリアットをガンガンに叩き込んで最後はスプラッシュマウンテンでハイブリッドを退けた。2年連続全勝優勝。吉田強い・・・

ホッとした表情で表彰式に臨む吉田龍子。笑顔で今野社長から賞状と金一封、トロフィーを受け取る。副賞として「イタリー製コート」が贈られた。準優勝の新咲には賞状と「横浜中華街お食事券」、3位のハイブリッド南には「スポーツドリンク1ケース」が贈られた。

こうしてリーグ戦は幕を閉じた。

********************

「カンパーイ♪」

「龍子ちゃん3連覇おめでとう~」

「よこ川」で祝杯を挙げる吉田龍子と井上霧子、今野社長、あと同期の渡辺智美。

「龍子ちゃんおめでとー」

目の前には鯛の尾頭付きが3匹。

吉田も20歳になり、飲めることは飲めるが、レスラーなのでもっぱら食べるほう。井上霧子が日本酒をがぱがぱ飲んでいた。

*****************

関内某所の高級焼き肉店。草薙みことと伊達が黙々と焼き肉を食べていた。

・・・もぐもぐ

草薙はショックを隠せなかった。けっきょく後輩相手からは1勝もできなかった。

「今の位置はスイレンに任せて、引退したいと思います。もうプロレスでやるべきことはやったと思います」

伊達はロースを一皿平らげて、

「もうちょっと・・・頑張ってみたら。私が引退するまでは辞めないで・・・11月、タッグリーグで組んで賞金もらってから考えよう・・・」

「・・・・・・・・・」

二人は焼き肉を3万円分平らげた。

****************

10年目10月。

« 第127回 第10回SPZクライマックス(前編) | トップページ | 第129回 スターライト相羽海外修行中 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第127回 第10回SPZクライマックス(前編) | トップページ | 第129回 スターライト相羽海外修行中 »