2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第712回 34年目1月 H神田・S小縞引退シリーズ | トップページ | まだ信じられません・・・・ »

2009年6月14日 (日)

訃報

プロレスリング・ノアの社長兼看板選手の

三沢光晴さんが昨日、広島で亡くなられました。

突然のことでただ呆然とするばかりです。

やられることから教わる全日本出身の選手のなかでも

受けの強さには定評があった選手でもこのようなことが起ころうとは。

登山の世界ではどんな熟達者でもどんなに装備や準備を入念にしても

難しいコースでは死亡する確率はゼロにはならないということは

よく言われますが、それと同様のことが起こってしまったのでしょうか。

46歳になり、デビュー25年を越え、社長業との兼務で感覚が

微妙に狂って来たのでしょうか。

頭から落とす危険技は多くなってきたプロレス界ですが、バックドロップは大昔から

あった技で、三沢さんも鶴田選手やウイリアムス選手の危険なバックドロップを

受け続けて来ましたが・・

私は三沢選手の全日本時代の勇姿を2回見たことがあります。(1992年3月と8月)

2000年にノアを立ち上げられたときは「気持ちは分かるけどなんてことするんだ」と

思いましたが、最近は理想の働き方を求めて独立した気持ちも分かってきたので、

いつかノアを見に行ければ・・・と思っていましたが・・・

合掌。

« 第712回 34年目1月 H神田・S小縞引退シリーズ | トップページ | まだ信じられません・・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第712回 34年目1月 H神田・S小縞引退シリーズ | トップページ | まだ信じられません・・・・ »