2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第948回 フローラ小川2連敗すれば即引退企画 | トップページ | 第949.5回 Sクラ前夜 »

2010年6月25日 (金)

第949回 白石なぎさ V12

44年目7月

サマースターナイツシリーズ最終戦は新日本ドーム大会。

第1試合はサンダー龍子対クラリッジ成瀬。

期待の新星サンダー龍子、地方興行ではセミやメインに抜擢されることも多いが、この日は第1試合で若手の壁、クラリッジ成瀬と対戦。サンダー龍子、新人らしく積極的にしかけてゆくが、

「・・・まだまだ甘いんよ」

ラリアットなどの技をひとしきり受けきったクラリッジ成瀬が、ストレッチプラム。これでサンダー龍子からギブアップを奪った。勝負タイム14分38秒。

第2試合はオーガ朝比奈対トラットリアマスク。

昨日あばしりタッグ王者となったトラットリアマスクだが、この日はO朝比奈のパワーに押し込まれ、最後は強烈な逆片エビでグイグイ絞り上げられてギブアップの言葉を吐いた。

第3試合は怖いおねえさんの八島静香&グリズリー山本が登場。

対するは期待の若手の真壁なつき&辻香澄。

八島がぶちかまし連発で真壁をあっさり屠って終了。勝負タイム8分42秒。
「ふん、出直しといで。」

その試合が終わると休憩。

休憩明けのシングルマッチは強豪外人対決。コバトフ対ダイナマイトリナ。コバトフがベテランの味を見せて試合をリードし、12分10秒、アキレス腱固めで勝利。

セミファイナルはSPZクライマックス出場者6人によるスペシャル6人タッグマッチ。

NARATA、フローラ小川、中村真帆対ジャンヌ永原、ミシェール桜井、近藤真琴。

このメンツなら永原組がどう考えても有利。フローラ小川がSTF,NARATAが農鳥を繰り出すなど大いに健闘したが、最後は中村が捕まってしまい、16分59秒、ミシェール桜井のダイビングプレスにフォール負け。

***************************

そしてメインイベントはSPZ戦。なかなか負けないSPZ王者白石なぎさに対するは、前王者のジャスティスえちご。

過去数回の対戦同様力押しの消耗戦となり、えちごもゴートゥベッドで白石をぐらつかせるものの後が続かない。けっきょく36分55秒、カウンター気味の掌底でえちごが崩れ落ちたところをそのまま押さえ込んだ白石が3カウント奪取。これで12度目の防衛に成功。

« 第948回 フローラ小川2連敗すれば即引退企画 | トップページ | 第949.5回 Sクラ前夜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第948回 フローラ小川2連敗すれば即引退企画 | トップページ | 第949.5回 Sクラ前夜 »