2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロレス技シリーズその4 パイルドライバー | トップページ | 第940.5回 脅威の新人あらわる »

2010年6月11日 (金)

第940回 グレース・ハン最終試合

43年目3月
「ファイヤーソウルシリーズ」開幕。東北各地を回る巡業。メインイベントはチームワニの3人と強豪外人の6人タッグマッチが組まれ、フローラ小川がぐだぐだっぷりをさらし続けた。

第5戦宇都宮大会、新人の真壁なつきがはじめてメインイベントに顔を出した。Jえちご、近藤と組んでチームワニの3人(白石なぎさ・フローラ小川・NARATA)と相対。やはり捕まってしまい最後は白石のスプラッシュに撃沈。これが今後の彼女のためになればよいのだが・・・

最終戦はさいたまドーム大会。

第1試合はオーガ朝比奈対ワイルドローズ4号。もうデビュー2年になるオーガ朝比奈。持ち前の馬力を生かしてワイルドローズを追い込み、最後は豪快なパイルドライバーで3カウントを奪った。勝負タイム13分26秒。

第2試合はタッグマッチ。ジャンヌ永原、辻香澄対NARATA、真壁なつき組。
「もう永原さん出てくるのか」

カード編成の都合で第2試合にわれらが本隊エースJ永原が登場。その恨みをぶつけるかのようなファイトを見せ、真壁なつきをコブラツイストや逆エビで半泣きに追い込み、ついにはギブアップの言葉を吐かせた。勝負タイム13分ジャスト。

第3試合、怖いおねえさん3人(八島中村G山本)登場。対戦相手は本隊からミシェール桜井、ミネルヴァ石川、クラリッジ成瀬。

八島静香の体調がいい。もはや伝統芸能と化したぶちかましで相手方3人をバタバタとなぎ倒す。ミネルヴァ石川がパワーボムを放ちどうにか動きを止めたが、中村も動きの良いところを見せてファンを沸かせる。しかし本隊チームもミシェール桜井が躍動感あふれる動きを見せてファンを魅了するが、調子に乗って闘ってたところを八島さんがひとこと。
「潰せ」
よってたかっての攻撃で殴り倒し、合体パワーボムで幕。勝負タイム20分44秒。

************************************

休憩明け、Dカオス組対コバトフ組のタッグマッチを挟み、いよいよ3大シングルマッチ。
まずはセミ前、「グレース・ハン 日本最終試合」

SPZの中堅常連外人だったグレース・ハンが結婚のためレスラーを卒業することになった。これが最後の来日となる。

「コレガラストファイト・・・ジャパンに次に来るときはサイトシーイングで来る」

対戦相手はこちらもベテランのフローラ小川。もう往年の動きは望めず、シングルマッチではどうしても息が乱れてしまう。

「やっ」

打撃戦に付き合ったフローラ小川、掌底の殴りあいもきっちりこなす。鼻から血を滴らせながら懸命のファイト。場内大盛り上がり。

しかしスクラップバスターでフローラ小川をマットに這わせると、グレースハン、大きく息を吸い込んでからコーナー最上段に登り、

「グバーイ!!」
自らとファンに向けて、そして対戦相手に向けて絶叫してからミサイルキックを叩き込んだ。吹っ飛ぶフローラ小川、すかさずフォールするグレース、
ワン、トゥ・・・・ドドドドッド!!

フローラ小川、カウント2.8で返して、懸命に組み付いて得意のドラゴンスリーパーでしめあげる!
「ググググ」

懸命にこらえたグレースハンだったがついにタップ。これで彼女のレスラー生活を終わった。勝負タイム16分47秒。

その後簡単なセレモニー。イージス中森社長がリングに上がって金一封と記念品の贈呈。

*************************

セミファイナルは次代のエース近藤真琴が登場。ジュディコーディと激突。
近藤真琴、SPZハンマーを繰り出すなどジュディをかなりのところまで追い込んだのだが、ジュディも最強外人の一角、豪快なラリアットからデスバレー2連発で近藤を振り切った。勝負タイム22分41秒の熱戦。

メインはSPZ戦、王者白石なぎさに対するはジャスティスえちご。一昨年夏のSPZクライマックス以降対戦成績が逆転し、勝てていないえちご。相性の悪い相手だ。ゴートゥベッドを叩き込んでもなかなか倒れてくれないので厄介な相手だ。

「アレの相手は作戦なんかないですね。なるようにしかなりません」
序盤は静かな攻防。とりあえずチョップを繰り出して隙をうかがうが、白石なぎさ動かない。

「覚悟はいいか!」
えちご、ゴートゥベッドをタタキこむが、白石なぎさ、何事もなかったかのようにムクット起き上がってきて反撃。

―マジかよ。
しかしえちご、今回は諦めることなくローリングソバット、ミサイルキックで波状攻撃。白石なぎさの表情が変わった。

「んっと・・・」

シャイニングウィザード、STOでラッシュをかけてきた。そして掌底を入れてからバックドロップを狙ったが、えちごこれはうまく空中で押しつぶして切り返す。
白石2度目のSTO,しかしえちご起き上がって2度目のミサイルキック。しかしフォールにいけない。そのあとは両者攻め手を欠き、60分時間切れドローとなった。これで王者が8度目の防衛に成功。

« プロレス技シリーズその4 パイルドライバー | トップページ | 第940.5回 脅威の新人あらわる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プロレス技シリーズその4 パイルドライバー | トップページ | 第940.5回 脅威の新人あらわる »