2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第941回 ダークスターカオス地獄7番勝負 | トップページ | 第943回 あれから10年も »

2010年6月14日 (月)

第942回 ダークスターカオス7連勝

44年目4月

「旗揚げ43周年記念エッセンシャル・シリーズ」

第5戦広島大会。

試合前の練習、トレーニングウェア姿のサンダー龍子が熱心に受け身の練習。オーガ朝比奈がボディスラムで投げ、サンダー龍子はきっちりと受け身を取ってダメージを最小限にする。

バンッ、バーンッ

リング下で見ていたジャスティスえちごがぼそりと呟く。

「下手な外人レスラーよりちゃんとした受け身だぞ・・・デビュー前でこんなだから、実戦積んだら恐ろしい存在になるぞ・・・これは・・・」

*************************

広島大会、カオス様の七番勝負も5戦目

「サテ、ココカラガ問題ダ・・・」

カオス様の今日の相手は最強外人の一角、コバトフ。EWA出身者ながらSPZでプロレス留学し、そのあとは欧州マット北米マット新女マットを転戦したツワモノ。

・・・一気に攻メテ潰すのが上策・・・

試合開始と同時にカオス様がラッシュをかけ、体ごとぶつかるネックブリーカーでグロッキーに追い込んで、最後はパワーボムでケリ。勝負タイム10分5秒。

「長引くと関節技絞め技ヲ食らうおそれガアッタ。一気ニ決める作戦ダッタ。シカシ次ハコウハイカナイダロウ」

意外にクレバーなカオス様。これでカオス様5連勝。

リング下から世界のトップ選手の攻防を凝視していたサンダー龍子。一流選手のプロレスをセコンドとして見て、何かを掴もうとしているようだ。

*******************************

第6戦九州ドーム大会、メインで組まれたのはTWWA戦。王者ダークスターカオスに挑むのはジュディ・コーディ。ドームのメインを外人同士の試合にしてしまうあたりいまのカオス様の勢いを物語っている。

・・・ジュディ・・・一番恐ろしい相手

本国WWCAナットで何回もあたっている相手だけに手の内も読まれている。この日もコーディクラッシュからラリアット2連発を食らうなど危ないシーンが。それでもダークスターハンマーで形勢をひっくり返すと、ネックブリーカー、裏投げとつないでカウント3奪取。勝負タイム18分11秒、カオス様が大肉弾戦を制した。

「フフフフフ・・・我こそ神にもっとも近いものなり」

これで彼女が持参した4本のシングルベルトは全て防衛に成功した。

******************************

第7戦京都大会、メインで組まれたのはダークスターカオス対ジャスティスえちごのノンタイトル戦。えちごは明日の東京でSPZベルト挑戦を控えているが「自分の闘争本能を呼び覚ますため」あえてこのシングル2連戦を引き受けた。

・・く、なんて・・・力だ

過去にシングルでカオスに勝ったこともあるジャスティスえちごだが、きちんと打撃を叩き込めればなんとか渡り合えるというレベル。この日はカオスの重量感あふれる攻めにやられっぱなしで、さらに逆片エビやサソリ固めで痛めつけられもうなすすべなし。裏投げで叩きつけられグロッキーに。それでもゴートゥベッドを叩き込んで見せ場は作ったが、

「YOU,FINISH?」

ダークスターハンマー炸裂。勝負タイム23分15秒、えちごをもってしてもいまのカオスを止められなかった。これでカオス様7番勝負全勝達成。

「フフフフフ・・・これで誰が最強カワカッタダロウ」

(次回、サンダー龍子デビュー戦)

« 第941回 ダークスターカオス地獄7番勝負 | トップページ | 第943回 あれから10年も »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第941回 ダークスターカオス地獄7番勝負 | トップページ | 第943回 あれから10年も »