2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第940回 グレース・ハン最終試合 | トップページ | 第941回 ダークスターカオス地獄7番勝負 »

2010年6月12日 (土)

第940.5回 脅威の新人あらわる

45年目4月
「出張も疲れますね。」

SPZの中森社長40歳が拾ってきた逸材、浅野勝子15歳。熊本出身のスポーツ万能少女。上背もあって肉付きもよい。これは将来大化けするかもしれないということで、「サンダー龍子」のリングネームを与えられた。

「宜しくお願いします!」

中学の卒業式の後すぐに全体練習に参加したサンダー龍子、

「・・・この子、ものが違う」

若手中堅選手が瞠目する。飲み込みが早いのでロープワークもすぐ習得し、基本的な攻防もなんなくこなせるようになった。そしてなにより中森社長を驚かせたのが、

「馬力が凄い」

持って生まれたナチュラルパワー。バーベルは軽々と上げるわ、60kgある練習用の砂袋人形を軽々と持ち上げるわ・・・・

エルボーやチョップなどの打撃を教えたらすぐに重い打撃を繰り出せるようになった。力任せのエルボーを受けたフローラ小川がしばらく起き上がれなかったほどだ。

「何でこの世界に入ろうと思ったの?」

フローラ小川が問う。

「稼げるって聞きました。必ず世界のトップ選手になって、億のお金を稼ぎます」

「・・・・・・・」

意志も強そうな娘だ。

« 第940回 グレース・ハン最終試合 | トップページ | 第941回 ダークスターカオス地獄7番勝負 »

コメント

久しぶりのcatface
熊本わ地元ナンスヨ。アハ〜。

こんばんわ。
いつも訪問ありがとうございます。
サンダー龍子は素質がいいのでエースになります。今後いろんな意味で活躍させようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第940回 グレース・ハン最終試合 | トップページ | 第941回 ダークスターカオス地獄7番勝負 »