2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寒いねえ20101124 | トップページ | 新宿グルメ12 »

2010年11月25日 (木)

訃報

各団体に参戦され、独自のキャラクターで売り出した個性派選手が

また一人、亡くなられました。

愚乱・浪花(ぐらん・なにわ 享年33)

93年に16歳の若さでデビューされ、98年に全日本プロレスにスポット参戦。ジャイアント馬場さんからも「カニくん」と呼ばれていました。

「かに道楽」のCMソングで入場するというイロモノレスラーでしたが、みちのくプロレスで技術を習得しただけあって、なかなかいい動きのできるレスラーだったと記憶しています。

ここ数年はプロレスで食べていけず、会社員が本業になっていたらしいのですが、

10月8日、突然心筋梗塞で亡くなられました。

私が浪花選手の試合を生で見たのは過去2回でした。初めて観たのは2001年1月、熊谷市体育館のことでした。第1試合でボツワナの怪人・ジャイアントキマラと対戦。第1試合で最初にかかった入場テーマ曲が「とれとれぴちぴちカニ料理」というなごみ系の曲でしたので、一体全日本はどうなっちゃうんだろうと思いながら観た記憶があります。

以下は本家HPからの観戦記の転載。

*******************************

第一試合 ジャイアント・キマラ 対 愚乱・浪花

異色派対決。入場シーンだけでも面白い。浪花は「♪とれとれピチピチカニ料理~」でおなじみの「カニ道楽」のテーマで入場。浪花は大阪出身?のカニの覆面をかぶった軽量レスラーであり、阪神タイガースの法被を着て入場。そのあと、アフリカのサバンナっぽい音楽が流れ「アーアーーアアアアアーアーッ!」という歌?に乗ってキマラが入場してきた。

リングアナのコールの後、キマラがコスチュームを脱ぐ。さすがに間近で見るとデカイ。パンフレットによれば体重は170kgだという。対する浪花は98kg。闘う前から勝敗は見えていた。

案の定キマラが浪花をいいように痛ぶり、浪花の見せ場はお決まりの「ロープかに歩き」くらいしかなかったと思う。10分経過後、グロッギー状態になった浪花をランニングボディプレスで圧殺。3カウントを奪われた浪花はダメージが大きくセコンドにおぶってもらいながら帰った。キマラは「まだ暴れたりないぜ」とばかりにリングをタテヨコに走りまわった後、退場した。

*********************************

早過ぎる旅立ち。合掌。

« 寒いねえ20101124 | トップページ | 新宿グルメ12 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒いねえ20101124 | トップページ | 新宿グルメ12 »