2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,030回 横浜決闘2055(上) | トップページ | 第1,031..5回 決闘アフター »

2011年1月21日 (金)

第1,031回 横浜決闘2055(下)

そしてメインはSPZ戦。

「今度負けたら、1年間は白石さんに挑戦しない」

挑戦者サンダー龍子。これまで(Sクラ優勝決定戦を除いて)白石に勝っていない。

Too Many Broken Hearts」が流れる中、赤いジャンバーに身を包んだサンダー龍子が決然とした表情でリングへ。

♪この道に誓う 宿命の灯を 絶やさない 思いという名の宝石があるからー

そのあと「Fatally」が場内に響く。

王者白石なぎさはいつものようにポーカーフェースで静々と入場。通算防衛回数30回なるか。

京スポ新聞記者さんの認定証読み上げ、チャンピオンベルト返還といったセレモニーを経て

午後8時22分、ゴング。

「たっ」

序盤はチョップの打ち合い。そして白石がタックル。

―手数を、なんでもいいから、返す

サンダー龍子も負けじとボディスラムを連発。白石を軽々と投げてゆく。序盤戦はお互い互角。

「どうだっ」

エルボーの連発で白石の顔がゆがむ。ムッとした白石、スクラップバスター2連発。この選手、意外に組み立てがうまい。そしてブレンバスターをはさんで得意のSTO

・・・またズルズルとやられるのか・・・

本部席の中森社長が頭を抱える。

「うん・・・」

白石なぎさ、そしてパワフルな掌底を連発。

べしゃっ

サンダー龍子、口元から流血。

「・・・・っ・・・・この!!」

これで怒りに火がついたのか、残る力を振り絞って白石を担ぎ上げた。

「うおおおおおお」

サンダー龍子の必殺技・ターボドロップ2がここで炸裂。白石、回転させられて頭からマットへ。

ワン、トゥ・・・・ドドドドドドド!!

―そんなっ・・・・

得意のターボドロップ2を返されてサンダー龍子、顔がゆがむ。白石なぎさ、ゆっくり起き上がった。

「今度は、こっちの、番」

白石、狼狽を隠せないサンダー龍子を組みとめるや、スプラッシュマウンテン、サンダー龍子、派手にたたきつけられたものの、体制がやや崩れてカバーが遅れたのが幸いしロープへ何とか逃れる。

「・・・えい」

白石、掌底で顔面を殴りつけはり倒す、そしてカバー、

ワン、トゥ・・・ドドドドドドド

龍子2.9で返す。かなりの時間をかけて起き上がってきたが目の焦点があってない。

「えっと・・・・」

なおも攻撃の手を休めない白石、この日2度目のSTO。龍子なお諦めずロープへ逃れる。場内大盛り上がり。

「んっと・・・・」

先に起き上がった白石なぎさ、まったく手を休めず、フィッシャーマンバスター。

ワン、トゥ、スリー。

今度はサンダー龍子、返せず試合は終わった。勝負タイム28分44秒、王者が15度目の防衛に成功。

「ううう・・・」

壮絶に敗北したサンダー龍子、担架に乗せられて退場。

勝った白石なぎさ、SPZベルトの累計防衛回数を「30」とし、歴代1位のマイティ祐希子の持つ記録へ「あと1」と迫った。V15を2回もやるとは抜群の安定感。

« 第1,030回 横浜決闘2055(上) | トップページ | 第1,031..5回 決闘アフター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,030回 横浜決闘2055(上) | トップページ | 第1,031..5回 決闘アフター »