2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,105回 さいたま5大シングルマッチ(下) | トップページ | 私にとってプロレスとは »

2011年6月22日 (水)

冷夏か・猛暑か 20110621

こんにちワン。

WAS没頭中筆者のkonnoです。

今週のスポーツニュースみたいなの。

◆野球

交流戦終了。やはりパリーグが勝ち越し。

DH制でふだん代打を出されることのないパリーグの先発投手は実戦で鍛えられ、球界を代表する先発が多い。しかも2連戦の変則日程なので、5番手6番手の微妙な先発があまり出てこない。

横浜ベイスターズはどうなるか。パッとした先発がいないので苦闘は続くであろう。代打の切り札中村ノリが機能するか。

中日に行った佐伯は一塁でグスマンとの併用。あまり活躍していない模様。広島の石井琢も交流戦期間中は目立った活躍なし。

◆相撲

7月、名古屋場所、大関魁皇、千代の富士の通算1,045勝まであと1勝。達成してスッパリ引退する事はないと思うが・・・千秋楽まで取れば39歳。驚異的ですぞ。相撲協会の看板だから九州場所まで引っ張るか。

琴奨菊大関取り、12勝すれば当確。3つしか負けられない、が、がぶり寄りという「自分の型」を持っているので昇進は大いにある。この人が昇進すれば魁皇も引退しやすくなると思われ。

◆プロレス

全日本に非常ベル。

6.19両国大会、メインは諏訪魔が永田を30分の激闘の末下す。諏訪魔はどこかスターっぽさがないのですよ。2回ほど最前列で見たけど。

鈴木みのる全日本から一時撤退。6.19両国では渕正信を5分少々で退け、バイバーイと悪態をついて新日本へ参戦。

和田京平レフェリー・全日本を退団。切られたのか、事件の責任を感じ自ら身を引いたのか。いよいよ全日本プロレスが人件費を削り始めました。

倒れてから3週間、平井伸和選手の意識はいまだ戻らず。社会復帰が厳しいと言わざるを得ない。はたして平井氏が再び野球観戦を楽しむことができる日は来るのか・・・・

« 第1,105回 さいたま5大シングルマッチ(下) | トップページ | 私にとってプロレスとは »

コメント

今の全日は団体の4番手以降の若手選手が多いのが唯一の救いですが、残念ながら諏訪魔に対抗出来る選手がいないのが現状ですね。ぶっちゃけ諏訪魔のあのファイトスタイルはエースというよりかはライバルのほうが向いてますからね。ただ、ある意味、面白いといえば面白い時期でもありますが。

トモ様こんばんわ。いまの全日は良かったころを知っているだけに、いつ活動休止するかひやひやモノです。真田選手を2番手に押し上げるストーリーラインが露骨で・・・・渕さんが現役のうちは観にいこうとは思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,105回 さいたま5大シングルマッチ(下) | トップページ | 私にとってプロレスとは »