2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,133回 ジュリア渡辺と美冬 | トップページ | 泣けるプロレスの試合 第1位 »

2011年8月31日 (水)

残暑20110831

夏の終わり皆様いかがお過ごしでしょうか。WAS没頭中筆者のkonnoです。

今週のスポーツニュースみたいなもの

■野田首相誕生へ

 消費税増税クルー。ものを早く買っておかないと。

■プロレス

※ALL TOGETHER

 メインはKENSO選手が持ち味を発揮し、潮崎のラリアット、諏訪間のラストライド、棚橋のハイフライフローを受けて敗れました。まあ妥当な結末。

渕正信選手はバトルロイヤルに出場。最後の5人まで生き残ったのですが敗退。11年ぶりに田上、小川と絡みました。

※IGF

猪木劇場健在。パフォーマンス襲撃要員としてブッチャー(75歳?)、シンを呼ぶ太っ腹。いや、これは32年前のオールスター戦を再現させ、真のオールスターはこっちだという意思表示か。

ケンドーカシンのファイトは見たかったなあ。飛びつき腕ひしぎでブラックタイガーを仕留めたらしい。

■プロ野球

相変わらず団子状態でヤクルトが頭一つ抜け出る展開。引き分けが多いルールに助けられている面があると昨日の読売に書かれていた。

横浜のネタ球団ベイスターズはこの秋、引っ掻き回し要因となるか。「横浜に負けたところが脱落する」中村ノリ打率1割7分。これは今季限りか。

■大相撲

 日馬富士綱とり。先場所のような突き刺さる攻めが続けば昇進ある。白い子が一人横綱より横綱2人がいいと考えてる節があるので。

 鶴竜は11勝すれば大関、琴奨菊は12勝すれば大関。琴奨菊は琴欧州と対戦しない利点、日馬にブがいいなどの利点があるが、先場所平幕に取りこぼしたようにプレッシャーに弱いことが判明。モンゴル力士ゴルフ会計係の鶴竜、大関昇進の可能性は高い。

今週はこんなところ。

« 第1,133回 ジュリア渡辺と美冬 | トップページ | 泣けるプロレスの試合 第1位 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,133回 ジュリア渡辺と美冬 | トップページ | 泣けるプロレスの試合 第1位 »