2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,147回 対岸の火事 | トップページ | 第1,148回 時計の針は、元には戻りません。 »

2011年9月30日 (金)

ワイルド9か条の解説

先週書いた「ワイルド9か条」の解説。

ワイルドって何だろう。

大森選手のように40代になっても渋カッコイイのもワイルド、征矢学選手のようにむさ苦しさをかもし出すのもワイルド。

1.年に1度はプロレス観戦

プロレス観戦こそ男のワイルドな趣味である。ボディスラムの音を聴け。場外乱闘、フェンスのガシャンを体感せよ。プログラム代の1,000円は団体に献金すると思うべし。

2.家飲みより居酒屋のカウンター

男なら酒を飲め。ワイルドを体感するのならビールよりも酔える酒。日本酒にはお惣菜がよくあう。男は居酒屋のカウンターで黙って飲む。芋焼酎ロックでもいい。気分を変えるときは洋酒だ。ジャックダニエルとかIWハーパーを飲むとアメリカンワイルドだ。ただ自分の受けきれるリミットは計算して飲むべし。ゲロフィナーレは良くない。

3.硬派であれ。異性は敬って遠ざけろ

今の世の中、悪い異性の誘惑に引っかかってはいけない。ワイルドな男なら孤高を保ちストイックに生きよ。「課長、すごいですね」と若い子に言われてもくらっときてはいけない。年収が1500万円以上あるのなら別だが。

4.月に一度は山を歩き、山の空気を吸い、山の水を飲むべし

忙しいときほどアウトドアで活動すべき。都会の空気を吸い続けると体が腐る。何時間も自然の中を歩き続けることでワイルドな心が蘇るのだ。

5.コーヒーはブラックで

コーヒーに砂糖やミルクを入れるのは邪道、ましてやコーヒーフレッシュというわけわからぬものは論外。ワイルドな男ならブラックのほろ苦さを味わうべし。

6.カラオケは立って歌う

カラオケボックスへ行って酒飲みながら座って歌うのはNG。立って、全身全霊で歌うのが作詞作曲編曲者への礼儀だ。本当に好きな歌手なら画面を見ずに歌えるようになるべし。好きな歌は機種ごとに番号を手帳にメモしておくべし。電話帳のようなぶあつい歌本や端末で検索するのは格好悪い。ワイルドな男なら持ち歌の10曲は持っておくべきものだ。

7.テレビを見るのはニュースとスポーツ中継のみ

ドラマやバラエティを見るのは軟派な人のする事。インドア派になりきってはいけない。テレビを漫然と見るのは時間の浪費だ。ただワイルドな男たるもの話のタネは必要だからニュースは見ておくべし。

8.冬場でもストーブはなるべく使わない

夏場のエアコンを我慢すると熱中症になって死ぬが、東京に関する限り冬の寒さは電気毛布と厚着と飲酒で何とかなる。風邪をひいた時は別だが。ワイルドな男は石油ストーブなど使わないものだ。

9.歯医者は別として、よほどのことがない限り病院には行かない。

  健康維持はサウナと水風呂を3セット。

 風邪程度で医者に行くようではワイルドではない。私はカイシャインになってから13年、歯医者と健康診断以外では医者に行ったことがない。ただ30を過ぎると身体にガタが来るのは確かだからサウナ通いを励行すべし。

« 第1,147回 対岸の火事 | トップページ | 第1,148回 時計の針は、元には戻りません。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,147回 対岸の火事 | トップページ | 第1,148回 時計の針は、元には戻りません。 »