2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,211回 杉浦美月の解説(下) | トップページ | 第1,213回 8人の戦士が揃うとき »

2011年12月25日 (日)

第1,212回 55年目7月 新日本ドーム大会

55年目7月

「サマースターナイツシリーズ」開幕。

シリーズ最終戦は新日本ドーム大会。

あいかわらずのSPZ人気、超満員。

第1試合は小嶋朱美VS初瀬唯。

「これでもくらえー」

あっさり小嶋妹がラリアットで初瀬を片付けた。勝負タイム6分33秒。初瀬唯、デビューからこれで24連敗・・・

第2試合は村上千秋VSガイア尾白川。

荒っぽいファイトの村上、この日も得意の垂直落下ブレンバスターが猛威、しかしガイア尾白川は場外へ転がり逃げてフォールを許さず、場外で体力を回復させてからリングへ戻り、不用意に近づいてきたところを
「てやっ」

エルボー一撃でなぎ倒して3カウント。勝負タイム10分25秒。

続く第3試合はジュリア渡辺VS hibari。今シリーズのジュリア渡辺は前半での登場となったため、ここまで4勝3敗で推移。この日もhibariの突進をさばく。そして頃合いを見てサソリ固めでギブアップ勝ち。9分27秒。

*********************

ガイジン同士のシングルが2試合続いた後、セミ前、今治みさえが登場、しかし対戦相手のデイジーキレットのハイキックに悶絶。ふらふらしているところを

「オルアアアアア」

DDTでトドメをさされ終了。勝負タイム10分1秒、

セミはジーニアス武藤VS小嶋聡美、

白熱したいい勝負となったが、エンジェルダイブで優位に立ったジーニアス武藤がそのまま押し切り、最後はサソリ固めでギブアップを奪った。勝負タイム12分44秒。

ジーニアス武藤、今月も美冬とA菊澤に敗れ、6勝2敗でシリーズを終えた。

「まずは次のSクラで結果を出すことですね」

***********************

メインイベントはSPZ戦、王者美冬、今度の防衛戦の相手はエアリアル菊澤。小柄な菊澤だが、今シリーズはここまで7連勝できており、侮れない相手。

―相手のスピードを殺せば、勝てる相手。

毎月対戦して、何度か不覚を取ってはいるが向こうの攻め手は分かっている。

組み合う、美冬ロープに降ってタックル。派手にバンプを取る菊澤、

美冬引きずり起こしてチョップ連打。

バシッビシッ

よろめく菊澤、自らロープへ走りドロップキック。ここで客席沸く。

フーッと息をついた美冬、今度はグラウンドに持ち込み脇固めで攻める。菊澤はグラウンドではまったくかなわないので、何とか抜け出そうとするが、その動きを読んでいた美冬、

バーンッ

ボディスラム。序盤戦は美冬が優位。

―このままじゃいけない

10分過ぎ、菊澤は早くもシャイニングウィザード、ローリングソバットで勝負に出るが、

「調子に乗るな」

これでムッとした美冬、掌底で反撃。しかし菊澤もミサイルキック、ブレンバスター2連発で応戦。このあたりから両者の息が乱れ始めた。

―あと、気力勝負・・・

「いよっしゃーーーー」

菊澤、思い切り良く跳躍して両足で美冬の首を挟んだ。

「せっ」

そのままフランケンシュタイナーを決めて、美冬を丸め込んだ。

「しまっ・・・・」

ワン、トゥ、スリー・・・

« 第1,211回 杉浦美月の解説(下) | トップページ | 第1,213回 8人の戦士が揃うとき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,211回 杉浦美月の解説(下) | トップページ | 第1,213回 8人の戦士が揃うとき »