2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,249回 ウルトラカオス見参 | トップページ | 第1,251回 57年目8月 SPZクライマックス(上) »

2012年2月20日 (月)

第1,250回 57年目7月 サマースターナイツシリーズ

「サマースターナイツシリーズ」開幕。
SPZ王者エアリアル菊澤と今治みさえが戦線復帰。

東北地方を南下するシリーズ、しかし勝てない新人・ブレード上原の焦りは募る一方であった。

第5戦いわき大会では初瀬の動きに懸命に付いていったものの、逆片エビ固めに捕らえられ、14分25秒、ギブアップの言葉を吐いた。これで29連敗。

第6戦宇都宮大会、ブレード上原はこの日も敗北。真鍋つかさの動きに翻弄され、最後はフェイスクラッシャーで顔面を強打して3カウントを奪われた。

宇都宮のセミでエース対決。ジーニアス武藤VS美冬。今度の対決はジーニアス武藤がエンジェルダイブで美冬から3カウントを奪い、元エースの意地を見せた。

そして宇都宮メインではSPZ王者のエアリアル菊澤も小嶋聡美相手に敗北、負傷欠場明けとあってか動きに精彩がなく、そこを狙われ、シャイニングウィザード2連発を食らって朦朧としたところをDDTで終了。

*************************

第7戦幕張大会。日本人4強の直接対決その2.セミでは美冬がジャーマンを小嶋に決めて3カウント奪取。翌日のタイトル戦へ弾みをつけた。

メインはエアリアル菊澤VSジーニアス武藤。落日のイメージが強いジーニアス武藤。だんだん菊澤のスピードについて行けなくなっている。この日も高速ブレンバスターで投げられて3カウントを許してしまった。勝負タイム18分41秒。

**************************

最終戦は新日本ドーム大会。

「勝った・・・」

第1試合でブレード上原が村上千春相手にプロ初勝利。基本に忠実にドロップキック、アームホイップを連発で繰り出してペースを握り、そのまま相手の息切れを待って上に乗って3カウントを奪った。勝負タイム7分15秒。とりあえず連敗を31で止めた。

新日本ドーム大会・セミ前は今治みさえVS村上千秋。ドームのセミ前までポジションをあげてきた若手有望株の村上千秋だが、相手はテクニックには定評のある今治。

今治が終始優勢に試合を運び、さいごもドラゴンスリーパーで失神寸前まで追い込んでからタックルでなぎ倒し3カウントを取るというえげつない勝ち方。勝負タイム12分54秒。

セミはジーニアス武藤VS小嶋聡美、先月に引き続きジーニアス武藤が優勢に試合を運び、ムーンサルトでフォール勝ちを収めた。これでシリーズ7勝1敗の好成績。

*************************

そしてメインはSPZ戦、王者エアリアル菊澤に対するは美冬。

―殴り倒す。それだけ。

美冬、鋭く踏み込んでボディスラム連発。まず菊澤の動きを鈍らせようという作戦か。しかし菊澤もすっくと起き上がってドロップキックで反撃。

こんかいは大ぶりの打撃を序盤は繰り出さず、ボディスラムやタックルである程度動きを鈍らせてから・・・と考えた美冬。この作戦が的中して、ブレンバスターを受けて全身を強打した菊澤が嫌な表情。

―いまだ

掌底一閃、そしてデスバレー。

―これ以上は受けられない

菊澤、シャイニングウィザード、しかし美冬2度目のデスバレー。フォールにいくも2で菊澤返す。

菊澤ダイビングプレスしかし自爆。しかし菊澤があまり痛がらず起き上がってボディスラムで投げてからコーナー最上段に上がり

「せっ」

菊澤ミサイルキック、吹っ飛ぶ美冬。しかしすばやく起き上がって、美冬バックドロップ。フォールにいくも菊澤2で返す。

菊澤切り札のフランケンシュタイナー、美冬返す

菊澤、高速ブレンバスター、しかし美冬なお返す。

ドドドドド

―もう一回!

菊澤、2度目の高速ブレンバスター。叩きつけられる美冬。懸命に片エビで押さえ込む菊澤、

ワン、トゥ、スリー

吉見レフェリーがマットを3つ叩いた。勝負タイム59分33秒、タイムアップギリギリでエアリアル菊澤が勝利。しかしゴングを聞くや両者ダウンしたまま起き上がらない。壮絶な消耗戦はこうして幕を閉じた。ともかくこれで新王者エアリアル菊澤が王座初防衛に成功。ベルトを持ったままSPZクライマックスになだれ込むことになった。

« 第1,249回 ウルトラカオス見参 | トップページ | 第1,251回 57年目8月 SPZクライマックス(上) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,249回 ウルトラカオス見参 | トップページ | 第1,251回 57年目8月 SPZクライマックス(上) »