2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,255回 57年目9月 ウルトラソウルシリーズ | トップページ | 第1,256回 ここで負けたら終わりだぞ! »

2012年2月27日 (月)

6000興行Produce

■2006年年末に始めたレッスルエンジェルスのリプレイですが、

この原稿を書いている2月20日時点で、64年目に入りました。

WASは年間でマックス96興行を組めるようになっております。

(バカンスとかは収益の妨げとなるので、やっていません)

そのサイクルを丸63年やったわけですから、地震や事故イベントで、多少は流れたとしても、通算で6000回、興行をプロデュースしたことになります。

曲がりなりにもカードは自分で考えて、判断するプロセスを入れています。

(ジャイアント馬場さんの試合数が国内だけで5758試合ですので、ついにその数字を超えてしまいました)

なんと時間を無駄にした愚行をしたのでしょうか。カネやモノの無駄遣いには気がついても、時間の無駄遣いにはなかなか気づかないものです。

しかし、自分で第1試合から休憩前、休憩後、セミ・メインのカードを組んで、(1シリーズ1回は全試合観戦するよう心がけています)観戦すると、実際のプロレス観戦に勝るとも劣らない印象が残ることもあります。

南利美の関節ごきり。草薙みこと&小川ひかるの名タッグ。ボンバー来島のラリアット、武藤めぐみとライラ神威の抗争、コンバット斉藤の蹴りで大波乱。結果が筆者の斜め上をいったこともあります。

いまは会社から帰ってきて、酔っていなければ23時ころPS2の電源を入れて、前回の続きをロードして、会場を選択して(もう都道府県の選択のパターンを暗記してしまいました)8興行のカードを組む。ここまでで30分くらいです。そのあと非観戦で飛ばしていくのですが、シリーズ最終戦はリアルで観戦するよう心がけています。それが採用した彼女たちへの礼儀だと思っています。

で、見ながらリプレイ記をWordに打って、1シリーズを終え、来月のジムでの励まし、新技習得、重傷者休養などの指示を出した後セーブしてPS2の電源を落とします。ここまで大体1時間ちょっとくらい。自分の中ではこれを「1面クリアする」と呼んでいます。99年完遂までまだあと35年残っていますので、あと420面(!)以上残っていますので、1日1面律儀にやったとしても1年2か月はかかる計算です。なんてゲームだ。

***************************

■外人レスラーの名前を考えないと

実際のプロレスでも、1回から数回しか来日しない無名外人はいるので(ぱっと思いつくだけでもブライアン・コステロとか、ナイジェル・タワーズとか、デビッド・アイズリーとか)、カード編成がうまくいかない場合、員数合わせで呼んできた外人の名前を適当に考えて、リプレイに登場させちゃおうと思います。

サンディ・サングレ(AACの元気な子。デスピナ・リブレの使い回し、名前は昔の名レスラー、サングレ・チカナから取りました)

ユーリ・セモポヌメ(EWAからの刺客。これはユーリ・スミルノフ使い回し。名前は某ラノベから。)

ウトン・ヴェリノ、

ウトン・ヴェゲ・アラカ、

ウトン・ヴェグー・バンハ、

ウトン・ヴェキーテス

(EWAから襲来してくるウトン一族、その驚異的な格闘センスでSPZを恐怖のどん底に。ふと会社帰りに思いついた。そのうち登場させるよ)

« 第1,255回 57年目9月 ウルトラソウルシリーズ | トップページ | 第1,256回 ここで負けたら終わりだぞ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,255回 57年目9月 ウルトラソウルシリーズ | トップページ | 第1,256回 ここで負けたら終わりだぞ! »