2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロレス技シリーズ28 ノーザンライトスープレックスホールド | トップページ | 第1,342回 62年目11月 ダイヤモンドシリーズ »

2012年7月13日 (金)

第1,341回 空気投げ発動

62年目10月

「ビッグパワーシリーズ」開幕。日本海側の都市を回るシリーズ。VIP公式リーグ戦で村上千秋は連敗街道を驀進し、いらない子ぶりを晒した。とにかく勝てないのだ。もう一人の新VIP、ハルカも、対REIKO,対中森あずみには負け続け、なかなか順位が上がらない。

************************

そして最終戦・新日本ドーム大会。

第1試合は初瀬唯VSペガサス藤原。なんと入社して半年のペガサス藤原が巻き投げやフロントスープレックスで攻め込み、場内をどよめかせる、しかし、初瀬唯、相手が攻め疲れるのを待ってから
「もう逃げられへん」

ドラゴンスリーパーで大逆転。たまらずペガサス藤原はタップ。第1試合から23分45秒の熱戦が展開された。

第2試合は相羽和希VSフォルトゥナ紫月。

同期の中森あずみはトップグループに入っているのに、ボクはいまだに前座戦線…

その意地か、積極的に攻めた相羽。裏投げ、バックドロップとたたみかけ、10分19秒、フォール勝ち。

そして第3試合はセイウン草薙VS真鍋つかさ。小気味よく動いてセイウン草薙のペースを崩そうとした真鍋だが、草薙も組み合って即投げつける独特のムーブで応戦。
「すげえ!」
「まるで空気投げだ!」

・・・・空気投げ・・・・

相手に触れたら、即投げているという 得体のしれない大技である。この技を習得するには、踏みこみの速さ、組みついて投げる際の瞬発力など、一朝一夕の修練では習得できず、過去柔道、総合格闘技などで、幾人もの猛者がこの技を体得せんと挑戦を重ねたがたいていは失敗に終わっている

空気投げの発動には 自らを追い込んで、いわゆる火事場の力的なものを発揮するとうまくいくケースもあり、そのために武道家の中には 雪山や崖っぷちなど厳しい自然条件の中 あるいは百人組手など無謀とも思える条件の中で修行を重ねて習得を図るケースも見られ その結果、再起不能に陥るものも珍しくない

空気投げが見られた代表的な例として 2009年の5月 両国国技館で、当時大関陥落の危機にあった大関千代大海がこの技の封印を解き、対戦相手の巨漢力士バルトを一瞬で投げ飛ばしたのは記憶に新しいところである

【高幡書房 世界格闘技禁断の技 より 】

***********************

そのあと走りこんでのタックルを連発したS草薙、とにかく手数を意識して繰り出すことを覚えたらしい。真鍋もレッグドロップ、バックドロップとを繰り出すなど、見せ場は作ったが、最後はフロントスープレックス気味に投げ飛ばされて3カウントを奪われた。勝負タイム16分30秒。
これでセイウン草薙、アンダーカードの中でも序列を上げてきた。

休憩前は村上千春VSセモポヌメ。SPZクライマックス優勝経験のある強豪外人セモポヌメのパワーに歯が立たず、村上千秋敗北。勝負タイム10分36秒。

休憩明けの試合はセミ前。村上千秋VSハルカ。ここまでVIPで15連敗中の村上千秋。自分のレスリングを見失ってしまっている。この日も新鋭のハルカにズルズルと攻め込まれ、シャイニングウィザードに敗北。勝負タイム13分43秒。村上千秋はここまで0勝16敗。ハルカは7勝9敗。 

セミは神塩ナナシーVS中森あずみ。SPZの前王者と元王者が対戦。前半は飛び技でナナシーが押していたのだが、執拗なドラゴンスリーパーで攻守逆転。最後は息の上がった神塩を落ち着いてストレッチプラムで仕留めた。ここまで中森あずみは12勝4敗。神塩ナナシーは8勝7敗1分け。

そしてメインはSPZ戦。王者ブレード上原に対するは挑戦者REIKO。

「もう、次のチャンスはないかもしれませんね。悔いのないようにやります」
ここまで7勝8敗と星の上がっていないREIKO。後輩も中森あずみにベルト奪取で先を越され、そしてハルカ、そして来期にはおそらくセイウン草薙が上がってくる。

―1回は黄金のベルトを巻いておきたい。上原さんはどうにもならない相手じゃない。
上原のドロップキックを食らいながら懸命にチョップで反撃するREIKO。
しかしブレード上原も頭突き、ブレーンバスターとパワフルに攻める。
―とにかく打撃を入れないと・・・

REIKO、エルボーを叩き込んで隙をうかがうが、ブレード上原も強烈なスクラップバスターを連発。
―これ以上は受けられない
REIKO、ジェットスマッシュ。これで上原も尻に火が付き延髄で反撃、懸命にフォールを返すREIKO。ブレード上原、バックドロップ狙いもつぶされる。ならばと、
「ウォアッ」
バックを獲りジャーマンを狙うふりをしてすぐ正面に回り組み直し、強烈なボディスラム。そのままがっちり押さえ込んで3カウントを奪取。勝負タイム26分45秒。王者が2度目の防衛に成功。
ブレード上原、公式戦の通算成績も13勝2敗1分けとトップを快走。敗れたREIKOは7勝9敗と、気が付けばハルカと同率4位・・・・

« プロレス技シリーズ28 ノーザンライトスープレックスホールド | トップページ | 第1,342回 62年目11月 ダイヤモンドシリーズ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。