2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 出雲までプロレス観戦(3) | トップページ | 第1,339回 リベンジ! »

2012年7月 8日 (日)

出雲までプロレス観戦(4)

セミファイナル 6人タッグマッチ 諏訪魔 曙 浜亮太 VS 真田聖也 ジョードーリング 太陽ケア

レフェリーはチーフ格の村山大値が登場。誰が負け役をこなすのか筋書きが読めない6人タッグ。赤コーナー側のセンターに立つ諏訪魔、そして曙と浜の巨漢2人。豪華トリオだ。客席も沸く。ケアと諏訪魔の先発で始まった試合、静かな立ち上がりだったが、真田がつかまる展開に。曙と浜のデブ2人に追い込まれる展開。巨体を利したエルボードロップをまともに食らって真田大ダメージ。そして真田が浜を回転エビにとらえようとして失敗して潰されるおやくそくパターンも披露。

そして諏訪魔も真田を痛めつける。やはり先輩として上がってきた若手を叩き潰さないとと感じているのか。場外で真田を突き飛ばす諏訪魔。真田はふらつき、リングサイド最前列の女性ファンの上に倒れこんでしまう。

「なに抱きついてんだこらっ」諏訪魔が真田を捕まえてなおもいたぶる。

なんとかピンチを脱した真田がパートナーにつなぐ。どーリングはガタイの良さを生かしたパワフルな攻めを見せ、ケアはキックで応戦。河津落としも見せた。そして15分過ぎに試合が動きだし、リング上はいつのまにか真田と浜という状況。真田、ドラゴンスリーパーを見せたがこれはパートナーがカット。なおも場外では乱闘が続く間に真田が浜をうまく丸め込み3カウント奪取。

「あれ・・・・」という表情を見せる浜。大男、総身に知恵が回らなかったのだろうか。ともかくこれでドーリング真田ケアの3人で勝ち名乗り。勝利者賞の島根米をゲットして、地元の支援者らしき方と記念撮影。

************************

メインイベント 大森隆男 征矢学 VS船木誠勝 田中稔

往年のヒット曲「GET WILD」が流れ、世界タッグ王者・ゲットワイルドの2人がタッグベルトをかざしながら入場。対するのは実力派集団、スタックアームズの船木と田中。まあたぶん軽量の田中がつかまる展開だろうなと思う。しかしイケメンレスラーの田中稔、人気はあるようで出雲なのに横断幕は出てるし、今日の興行で唯一紙テープが舞った。

試合は大森と征矢が早いタッチワークで田中を痛めつける展開。田中も「この原始人めっ」と征矢に言い放って反撃するのだが、なかなか流れがつかめない。ようやく船木にタッチ。蹴りと関節技主体のファイトで大森征矢とやりあう。青コーナー下には第1試合に出た河野がセコンドにつき、ですます調で田中と船木に「そこです」「抜けられます」などとアドバイスを送るいい人ぶり。船木も大森を腕ひしぎ逆十字に捕らえるなど存在感を発揮したが、タッグマッチなのでカットされてしまう。

田中も腕ひしぎで大森を追い込んだが、しのぎ切った大森がアックスギロチンドライバー。これは船木がカットしたが、なんと征矢が船木をデスバレーのような感じで担ぎ上げてしまった。その間に大森がアックスボンバーで田中を仕留めて試合は終わった。勝負タイム19分くらい。
大森と征矢がマイクパフォーマンスをして(内容は来ていただいてありがとうございました的なものだったと思う)引き揚げた。

*************************

メインイベントが終わったのが午後8時40分。全6試合、まあ今の全日本の地方興行を堪能できた。大森と征矢が体育館の出口でお見送り。「ありがとうございました」とファン1人1人と握手。売店ではKENSOがファンと記念撮影。「情熱をもってー、びちっとー」と絶叫。
会場の外に富士急行の大型選手バスが横付けされていて、試合を終えた選手たちがバスに乗り込んでゆく。出待ちで選手の私服を見るのも面白い。渕さんにお疲れ様ですとあいさつしておく。

選手を乗せたバスが出たのが9時半頃。夜行バスの11時までは間があったので、私は歩いて出雲市の駅前まで戻り、駅前の居酒屋で刺身を食べながら酒を飲んだ。そのあと23時の夜行バスで眠りながら京都へ向かい、翌朝、京都からのぞみで帰京、そのまま出社した。

« 出雲までプロレス観戦(3) | トップページ | 第1,339回 リベンジ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。