2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,363回 ハルカ、王座奪還 | トップページ | 残暑厳しき折20120822 »

2012年8月21日 (火)

第1,364回 どうして、ここにいるんだろう

難敵・中森あずみを下して、SPZ王座を見事奪還したハルカだったが、

本人はうれしさを全く感じていなかった。

(なんでこんな、苦しいことしてるんだろう)

試合後のインタビューも、ダメージが深いのでまともな受け答えにならず、控室で炭酸水をかけてもらう恒例のイベントでも笑顔が出ず。

(どうして、ここにいるんだろう)

シャワーを浴び、私服に着替えて関係者用通路を歩いているときに異変が起こった

(こ、腰が・・・・・)

腰に電気が走った。思わずその場にうずくまってしまう。

(何これ・・・・)

今までもダンベルトレの時に腰をちょっと痛めることもあったが、今回は相当痛い。

(もう、やだ・・・・こんな生活)

そろりそろりと立ち上がり、裏口に待たせてあったタクシーに乗り込み大阪市内の宿舎へ。

悶々とした一夜を過ごした。

その翌日、SPZご一行は大阪からバスで7時間かけて横浜へ帰るのだが、ハルカは「長時間の移動が腰に来る」ということで、開業したばかりのリニア新幹線で帰京した。

12月24日の夜、ハルカはSPZの寮を抜け出した。管理人とマネージャーさんには「帰省する」とウソをついておいた。そのまま北陸行の列車に乗った。

(もうどうでもよくなった、生きているのがつらい・・・・)

ハルカは最悪の選択をしつつあった。

« 第1,363回 ハルカ、王座奪還 | トップページ | 残暑厳しき折20120822 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,363回 ハルカ、王座奪還 | トップページ | 残暑厳しき折20120822 »