2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,368回 63年2月スノーエンジェルシリーズ | トップページ | 冷酒とイカ塩辛20120829 »

2012年8月28日 (火)

第1,369回 63年目2月湘南カップトーナメント

63年目2月

シリーズ最終戦横浜大会、「湘南カップトーナメント」が開催される。優勝者には賞金500万円が贈られる。

そしてトーナメント。

いきなりハルカとフォルトゥナ紫月の好カードからはじまる。

ハルカ(ブレーンバスターからの片エビ固め28.46)フォルトゥナ

トーナメント初戦でこのカード。序盤は静かな立ち上がり。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ハルカは例によって相手が疲れるのを待つパッシブ戦法。先シリーズのラスト2つで時間切れ引き分けに持ち込み、これで1000万円をゲットしたのでネットでは酷評されているのだが。

そしてフォルトゥナの息が乱れるのを待ってボディスラム、タックルを連発。

「トーナメントであることを意識して負けないプロレスをしていますね」
解説の杉浦美月が指摘する。

どぼ。

ハルカ、膝蹴りを叩き込んでから相手がうっとうめいたところをブレーンバスター。
「もう一度」
2度目のブレーンバスターを紫月返せず。3カウントを聞いた。

P藤原(8.27 ブレーンバスターからの片エビ固め)F三井寺

これは前座でさんざん実現しているカード。フロントスープレックスで豪快に投げたP藤原が優位に立ち、ブレーンバスターで三井寺を退けた。

「これで次はチャンピオンのハルカさんとやれます」

神塩(ダイビングプレス 34.38)中森

これはVIP対決でさんざんあった試合。ゆったりとした試合展開だがだんだん神塩が優勢になるパターン。中森もドラゴンスリーパー、逆片エビで抵抗したが、最後はダイビングプレスを食らって悶絶したところを、

「トアッ」

神塩パイルドライバー。しかし中森返す。ならばと神塩もう一度ダイビングプレス。こんどは中森返せず。34分38秒の熱闘に場内拍手。

「ギリギリのところで粘り負けしました・・・・まあ入れ替え戦とかいろいろありましたから。切り替えて来月から勝ち進みたいと思います」(中森)

 
S草薙(13.23 ノーザンライトSH)相羽 

実力では団体トップクラスのセイウン草薙。いっぽう入れ替え戦で中森に7連敗するなど元気のない相羽。やはりセイウン草薙の猛攻に押され、ノーザン、パワーボムは返したものの2度目のノーザンは返せなかった。

そして4強がそろった。

ハルカ、P藤原、神塩、S草薙。

この4人で準決勝が争われる。

ハルカ(13.20 シャイニングウィザードからの片エビ固め)P藤原

この日2試合目の両者、疲れてはいるが、若手のペガサス藤原に負けるわけにはいかないとばかりにハルカが奮起。さすがはSPZ王者。どぼっとニーリフトを叩き込めばもう流れは見えた。

S草薙(7.59 ノーザンライトSH)神塩

お互いそこそこダメージを負っての2試合目。セイウン草薙がいきなりノーザンライト、パワーボムと勝負をかけてくる。神塩もアラビアンプレスを見せたが受けきったセイウン、2度目のノーザンライトで神塩を沈めた。

かくて決勝戦はハルカVSセイウン草薙となった。15分のインターバルを置いて、セイウン草薙、ハルカの順に入場。

S草薙(8.11パワーボムからのエビ固め )ハルカ

「せっ!」

いきなりバックドロップでつぶしに来たS草薙、そしてパワーボム2連発。無茶苦茶な攻めでハルカの戦意をくじきにかかる。ハルカもDDTで反撃したが、セイウン草薙のノーザンライトを連発で食らってしまい、朦朧状態に。そこへ3度目のパワーボムが決まった。ハルカも沈み、これでセイウン草薙が優勝賞金500万円をゲットした。

「修行の成果が出せました。次はハルカさんのSPZベルトを狙います」

« 第1,368回 63年2月スノーエンジェルシリーズ | トップページ | 冷酒とイカ塩辛20120829 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。