2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SPZスター選手列伝77 初瀬唯 | トップページ | 第1,356回 63年目8月SPZクライマックス(上) »

2012年8月 4日 (土)

SPZスター選手列伝 78 村上千秋

SPZスター選手列伝78
従業員コード:091
爆撃機 村上千秋

本名・同じ 2046年12月5日、鳥取県米子市出身。米子市レスリングスクールからの推薦でSPZ入り、SPZ54期として2062年5月6日、カイメッセ山梨大会での対 杉浦美月戦でデビュー。勝気な性格でリング上を躍動。得意技は垂直落下ブレーンバスター。

2071年7月23日、新日本ドーム大会での対 フォルトゥナ紫月戦で引退。稼働月数111ケ月、出場試合数(概算)807試合。タイトル歴なし。

奥森リングアナコメント

気迫あふれるファイトを見せた選手だった。「やられたら倍にしてやり返す」という信条を持った選手で、しばしば垂直落下系の危険技を仕掛けて相手を担架送りにしてきた。体格やパワーに難があり、VIP定着はできなかったが、美冬らトップどころの選手をもしばしば苦しめた、記憶に残る名選手だった。

ああ見えて後輩たちの指導育成はまめな方で、開場前はしばしば若手選手に基本動作を指導していた。その面倒見の良さが買われ、引退後はSPZ所属レフェリーとして前座試合を担当する予定である。

« SPZスター選手列伝77 初瀬唯 | トップページ | 第1,356回 63年目8月SPZクライマックス(上) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SPZスター選手列伝77 初瀬唯 | トップページ | 第1,356回 63年目8月SPZクライマックス(上) »