2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,421回 奈良田忍者養成所第4の戦士 | トップページ | 第1,422.5回 これってデートみたいだったんじゃないの? »

2012年11月18日 (日)

第1,422回 ペガサス藤原の戴冠

66年目7月

シリーズ最終戦新日本ドーム大会。

そしてVIP同士の対戦カード。

セミ前は相羽和希VSセモポヌメ。不調だった今シリーズの相羽。ここまで3勝35敗のふがいなさ。9月からはアンダーカードで再起を期すことになる。

「はっ!」

この日はセモポヌメを落ち着いて攻め、最後にノーザンを決めて3カウント。最後にセモポヌメを3タテして、4勝35敗でレースを終えた。

セミはハルカVS神塩ナナシー。すでに1位フィニッシュを決めているハルカが落ち着いて攻める。途中、アラビアンプレスを食らうなど危ない場面もあったが、

「アルティマシュート」

出ました必殺のアルティマシュート。ハルカ勝利。1位の賞金1000万円の小切手を掲げて記念撮影。棚ボタだけど。
ハルカは25勝12敗1分けの1位。神塩は21勝15敗3分けの2位に入った。

***************************

そしてメインイベントはSPZ戦。新王者フォルトゥナ紫月、初防衛戦の相手は、ペガサス藤原。

―このチャンス、絶対ものにする・・・・

入れ込んでいたのはペガサス藤原の方。しかしフォルトゥナは巧みにリング中央へ誘導させる。失神スリーパーを狙っているのか。ペガサス藤原も気を抜いたらやられるという警戒したファイト。

「はっ」

20分過ぎ、フォルトゥナが攻勢に出てニーアタック。そしてエルボー。
ワン、トゥ・・・
P藤原返す。

(まだ力がある・・・)

フォルトゥナ、ミサイルキックを繰り出したがP藤原立ち上がってジャーマン!!しかしフォルトゥナも2で返す。

―心臓がバクハツしそう・・・・でも、ここは休めない

藤原、ソバット、ブレーンバスター、DDTで追い込む。そしてサソリ固めで絞り上げる、フォルトゥナ懸命にロープへ。

―いける、いけるわ。

2発目のソバット。倒れるフォルトゥナ、

がっちり片エビに固める。

ワン、トゥ、スリ。
セブン山本レフェリーがマットを3つ叩いた。

51分20秒、ペガサス藤原SPZ王座戴冠!!

「と、獲った・・・・」

かくて、ペガサス藤原が第189代SPZ王者に輝いた。コーナーに駆け上がりポーズを取るP藤原。入門してからの苦労が報われた瞬間だ。

さて上半期VIPリーグ、3位は22勝17敗(勝率561)でセイウン草薙、4位は20勝16敗3分け(勝率556)でペガサス藤原、5位にはフォルトゥナ紫月が20勝17敗2分け(勝率541)で入った。

この結果、8月の入れ替え戦はフォルトゥナ紫月と北条咲で争われることが決まった。

« 第1,421回 奈良田忍者養成所第4の戦士 | トップページ | 第1,422.5回 これってデートみたいだったんじゃないの? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。