2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 急に寒くなってきた20121128 | トップページ | 第1,427回 どこかがすごく痛いです~ »

2012年11月29日 (木)

プロレス技シリーズ37 ドロップキック

37回もこのシリーズをやっているのに ドロップキックがいまだに登場していないことに気が付いたので。

ドロップキック。ある意味最もプロレス的な技です。

自ら走って(その場で飛ぶ場合もあります)勢いよくジャンプし、両足裏で相手の胸元あたりをめがけて蹴りつけ、空中で体をひねってうつ伏せ状態で受け身を取るのが主流です。

誰もが使う技だけに、この技がきっちりできるかどうかがいっぱしのレスラーかどうかを見るポイントでもあります。

フォームの美しさ、打点の高さ、蹴り終わって受け身を取るまでの一連の流れ。各選手のそれを見比べてみるのも面白いです。

重量級外人のジャイアント・キマラがこの技を繰り出すと場内どよめきに包まれます。スタン・ハンセンも晩年までこの技を使っていました。巨体なので重爆という表現がぴったりきます。

ジャイアント馬場さんも全盛期は「32文人間ロケット砲」として必殺技として使っていました。

大森隆男も若手の頃、馬場さんに「ドロップキックだけはうまいな」と褒められており、この技を得意にされています。

WASでは当然のように実装されており、試合序盤のつなぎ技として頻繁に出てきており、武藤めぐみあたりはこの技を試合中に5-6回使っています。

« 急に寒くなってきた20121128 | トップページ | 第1,427回 どこかがすごく痛いです~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。