2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,438.9回 もう何も怖くない(上2) | トップページ | 第1,439.3回 もう何も怖くない(中1) »

2013年1月 5日 (土)

第1,439回 67年目5月 バトルカデンツァ

67年目5月

「バトルカデンツァ」開幕。相羽和希が腰痛のため欠場。

小川あかりはシリーズ帯同し、連日1期先輩のNOTORIとの試合が組まれ、連敗を喫する中、プロレスを覚えていった。

「動きはともかく力がない。大成は難しいと思うよ」
ブレード上原が試合を見て評価。

************************

シリーズ初戦の新潟大会でいきなりSPZタイトル戦が組まれたq、王者セイウン草薙に対するはフォルトゥナ紫月。フォルトゥナが勝つとしたら絞め落とすしかないのだが、今後の巡業のことを考えるとやりかねたフォルトゥナ、、持ち前の粘りを発揮できず、あっさりとS草薙のDDTにやられてしまった。

(明日以降もあるし、ドクターさんもいないこの試合で本気で渡り合うわけにはいかない)
勝負タイム16分33秒、王者が7度目の防衛に成功。通算防衛回数も18になり、歴代8位のコンバット斉藤に並んだ。

しかし翌日の奈良大会では同じカードのノンタイトル戦でS草薙、ドラゴンスリーパーで無理せずタップ。S草薙がレース2敗目を喫した。これは両者間で話ができていたのがバレバレだろうとマスコミ記者さん達は話していた。

*************************

最終戦は横スペ大会。

第1試合は小川あかりVSNOTORI。小川あかりの東都デビュー戦、青いリングコスチュームが初々しい。

「・・・・・っ」
しかしゴングが鳴るや一方的な試合展開、攻められ続けられる小川あかり。
NOTORIのフェイスクラッシャーで小川あかりの動きが止まってしまい、ふらふらと起き上ったところをタックルでなぎ倒されて終了。勝負タイム6分4秒。

第2試合は玄海恵理VSフェアリー三井寺。玄海のパワーを巧みにいなしていく先輩の三井寺、流れの中でうまくDDT、ラリアットを決めて有利に運ぶ。弱ったところをコブラツイスト、逆片エビで嫌らしく攻める。

「ウオオオー」
玄海もラリアットのお返し、そして顔面蹴りで反撃したので試合は盛り上がった。三井寺が勝負をかけたSTFは余りにロープに近い。距離感を誤ったか。そこへ玄海が力任せのボディスラムを決めて3カウントを奪った。勝負タイム14分12秒。

そして第3試合は加賀美明日香VSアプリコットつばさ。グランド中心の組み立てで試合を支配していたのは加賀美で、相手の反撃を適度に受けてから
「ふっ!」
スクラップバスターを決めて3カウント奪取。勝負タイム14分36秒。

休憩前第4試合はベテランの中森あずみが登場。神田幸子と対戦。序盤は相手の打撃を適度に受けていた中森、じわじわとグラウンド技で反撃してゆく。

―この人を倒さなきゃ、上へ行けない・・・
神田がビッグブーツ3連発と荒っぽい攻め。STFで勝負に出た中森、ギブアップだけはしなかった神田だが、これで息が上がってしまい、勝機と見た中森あずみがパイルドライバーで3カウント。勝負タイム25分51秒。

************************

後半はVIPの直接対決。まずセミ前はフォルトゥナ紫月VSハルカ。

―ハルカさんは「ケツ決め」に応じないから、出たとこ勝負で行くしかない・・・

試合前の打ち合わせには応じて、大体の流れは話すが、結末までは決めないのがハルカの流儀。この日も相手のグラウンド攻めを受けたあと、フォルトゥナ相手に打撃をガンガン入れて優位に立ち、長身を生かしたブレンバスター2連発。

「・・・ううう」
苦悶の表情を浮かべるフォルトゥナ、見下ろすハルカ、ドワアアア。あとはトドメをさすだけかと思われたがここで

「起こり時間1分」
このアナウンスを聞くやフォルトゥナ、ゴロンと転がって場外エスケープ。ブーイングにも介せず、場外で息を整えてからリングに上がりハルカに組みついて押し倒してグラウンドに持ち込み、もみ合う中、時間切れ引き分けのゴングが鳴った。

セミはペガサス藤原VS北条咲。

8勝15敗同士の対戦で4位争いがかかっているので両者気合いの入った表情。馬力なら北条なのだが、P藤原は投げ技に移行するタイミングが早い。北条の猛攻を受けきったP藤原、得意のジャーマンで勝負をかけたが、
ワン、トゥ、ドドドドド!!
返した北条、立ち上がって組みつき、パワーボムで叩きつけて藤原の戦意を絶った。勝負タイム16分31秒。

―勝てた。

これで北条、セイウン草薙以外のVIP4名からは何らかの形で白星を挙げた。

メインイベントはセイウン草薙VS神塩ナナシー。

神塩ナナシーがリングに上がるとき、プシュという缶ビールを開けるシーンが耳に入った。

―もう、私が勝つとはだれも思っていないのね・・・
のらりくらりファイトに持ち込もうとするが、セイウン草薙もある程度付き合ったあとは猛チャージをかけてくる。神塩もアラビアンプレスで反撃したが、これはセイウンがあえて受けたっぽい。フォールを返すやすばやく組みついたS草薙、久々に草薙流兜落としを繰り出し、神塩を危ない角度で落とし3カウントを奪った、勝負タイム22分9秒。

« 第1,438.9回 もう何も怖くない(上2) | トップページ | 第1,439.3回 もう何も怖くない(中1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。