2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,473回 フォルトゥナ紫月のデスクロノグラフがセイウン草薙を襲う | トップページ | 第1,475回 ペガサス藤原が大トロフィーを抱いた日 »

2013年3月25日 (月)

第1,474回 神田幸子のフロントハイキックがセイウン草薙を襲う

第6戦は若鯉球場大会

玄海(8点、ラストライドからのエビ固め 17.53)F紫月(6点)

1敗同士の対戦、優勝争いに大きく影響する一番、しかし、
―同じ相手に2連敗はできない、絶対に

力でF紫月をねじ伏せた玄海。ラストライドで相手の戦意を不稼働に追いやった。

「先月タイトル戦で負けてるんですよ。ここで負けたらあの人に苦手意識が残ります」

フォルトゥナ紫月、優勝争いから大きく後退してしまった・・・・

P藤原(9点、レッグラリアットからの体固め 23.05)カガミ(3点)

ペガサス藤原、単独トップを守る。カガミのしつこい足責めに手こずったが、ジャーマンで形勢打開するや一気の攻め。フィニッシュはレッグラリアットだった。

「行けるかも・・・」(P藤原)

北条(5点、ラリアットからの片エビ固め 12.06)Dジョーカー(1点)

地力に勝る北条が手堅くファイトして、最後は剛腕をブンと振って快勝。
「まあ、あとは1点でも多く勝ち点を集めるだけです。あとは最終戦のメインでセイウンさんに勝つこと」(北条)

神田(6点、フロントハイキックからの片エビ固め 11.14)S草薙(2点)

セイウン草薙、格下相手にまさかの敗戦。この日は順当に大技を積み重ねていっただけに快勝かと思われたが、ローリングしての裏拳を連発でもらって動きが止まってしまった。

そこへ神田がフロントハイキックを叩き込み大金星の3カウント。

ええええええええええええええええええ?

場内大番狂わせにどよめきと悲鳴

セイウン草薙に勝った。神田、飛び上がって喜ぶ。セイウン草薙、これはもう落日なのか、ここまでまさかの1勝4敗。
「何も言えません・・・」(S草薙)

**************************

第7戦は仙台大会、リーグ戦も佳境。

F紫月(7点、時間切れ引き分け)カガミ(4点)

凄く厳しい組み手争い。玄人好みの攻防が長々と続いた。だが時間経過とともにF紫月が優勢になる」。デスクロノグラフを懸命にロープに逃げるカガミ。この流れが3回繰り返された。結局時間内に仕留めきれなかったF紫月、タイムアップのゴングを聞いた。

5点ロストのF紫月は優勝の望みが消えた。

北条(7点、バックドロップからの片エビ固め 13.24)神田(6点)

一昨日S草薙を破る大金星を挙げた神田だが、北条のパワーに押されてしまい、最後はバックドロップに屈した。

P藤原(11点 タイガーSH 16.34)玄海(8点)

優勝の行方を占う大一番。P藤原はこの試合に勝てば優勝が決まる。ここまで1分けで来ているP藤原と1敗で来ている玄海が激突。

パワーなら玄海だが、P藤原にはレスリングセンスがある。攻め合いしのぎ合うシビアな攻防が展開されたが、玄海の掌底でガクッと崩れたP藤原、
―これ以上は受けられない

P藤原、起死回生のジャーマン。これは返した玄海だが、立て続けに

「うぅわああー」

ペガサス藤原が気合一閃、玄海のガタイをタイガースープレックスホールドで投げ切った。

場内どよめきの中3カウントが入った。場内ものすごいペガサスコール。ペガサス藤原が最終戦を待たずして優勝を決めた。

「やっ・・・・た・・・・・」

S草薙(4点、パワーボムからのエビ固め 7.13)Dジョーカー(1点)

セイウン草薙、いまさらながらの2勝目。ジョーカーに7分少々で完勝した。

第68回SPZクライマックス、強豪同士のつぶしあいを制したのはペガサス藤原。最終戦を待たずに優勝を決めて、横浜での表彰式を待つ・・・・

« 第1,473回 フォルトゥナ紫月のデスクロノグラフがセイウン草薙を襲う | トップページ | 第1,475回 ペガサス藤原が大トロフィーを抱いた日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。