2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,493回 200代目のチャンピオン | トップページ | 全日本はどうなってしまうのか20130508 »

2013年5月 7日 (火)

第1,494回 69年目6月 バトルアトランティス

69年目6月
「バトルアトランティス」開幕。

初戦の山口大会で大竹玲子のデビュー戦、1期先輩の小早川志保に物怖じせずドロップキックを叩き込み、エルボーも何発か入れたが、息が上がったところをソバットで蹴られ、最後はアームホイップで投げられて3カウント。勝負タイム8分16秒。

「なかなか負けん気が強そうですね、育てればそこそこのところまで行くんじゃあないでしょうか」
杉浦社長がぼそりと。

山口大会メインは玄海恵理、NOTORIとカガミアスカ、フェアリー三井寺組が対決。玄海がものすごいブルファイトでカガミを追い込む、

「どしたおらあ、その程度か!」

「…しつこいと嫌われますわよ」

カガミの足殺し炸裂。これはなんとかロープに逃れた玄海だったが
「チャンス到来ですね」

伏兵、フェアリー三井寺がここでSTFに捕らえた。NOTORIがカットに入ろうとするがカガミがスッと入り絡み付いて阻止。

「がががが・・・くそ・・・」
玄海まさかのアイドルレスラー相手にギブアップ。場内どよめき。

***************************

シリーズ第4戦神戸大会でSPZタッグ戦、先月ドローに終わったカードの再戦である。カガミアスカ、フォルトゥナ紫月に対するはペガサス藤原、小川あかり。

「先月の恥をそそぐ」(P藤原)

先月のSPZタイトル戦でギブアップした屈辱をぶつけるかのように攻め込んでゆく。カガミ相手に目の色を変えて攻め込んでゆくが逆にストレッチプラムに切り返される。んでもって最後は小川あかりがつかまってしまい万事休すかと思われたが、手を伸ばして懸命に藤原にスイッチ。時間切れ間際にP藤原がフォルトゥナにジャーマンを仕掛けたが、フォルトゥナ紫月返した。ドドドドドッド

両者ダウンしたまま時間切れのゴングが鳴った。王者チームが3度目の防衛に成功。

******************************
最終戦はさいたまドーム大会。

第1試合は小早川志保VS大竹玲子。新人の大竹の東都デビュー戦だが、ここは先輩の小早川が貫録を見せてソバットで3カウント。

続く第2試合は新人の野村つばさが登場、初来日外国人のAJフラップスと対戦。野村つばさ何もできず、スクラップバスターに敗北。勝負タイム6分20秒。

外人同士のタッグマッチの後休憩。
休憩後にアイドルタッグのアプリコットつばさ、フェアリー三井寺が登場。神田幸子、NOTORI組みと対戦。
シリーズ初戦で玄海からギブアップを奪うなど調子のいいフェアリー三井寺だが、この日は実力者の神田の打撃をもらってしまって苦戦。最後は神田が裏拳でアプリコットつばさを沈めた。

セミ前は恒例の抗争カード、フォルトゥナ紫月VS小川あかり、例によって小川母が助っ人参戦し、火炎放射器を発射したがスッとかわしたフォルトゥナ紫月、小川母に蹴りを入れて場外転落させた。場内笑い。

んで、試合本番が始まるといつも通り小川がやられ続ける展開。小川、STFで逆転を狙ったがフォルトゥナもよじって振りほどく。最後はフォルトゥナ紫月がデスクロノグラフで小川からギブアップを奪った。勝負タイム25分37秒。

セミファイナルは100万円争奪マッチ。北条咲VSペガサス藤原。SPZ次期挑戦権のことを考えるとお互い負けられない試合。しかしこの試合は剛腕ラリアットを決めた北条が16分14秒、フォール勝ち。

******************************

そしてメインイベント、SPZタイトル戦、王者カガミ・アスカに対するは玄海恵理。

「何がインド式レスリングだ、ぶっ潰してやるけん」

いきなりパワフルな猛攻を仕掛けた玄海。しかし落ち着いて猛攻をさばいたカガミ、頃合いを見計らって足殺し、変形のアキレス腱固めに捕らえた。

「ぐわあああああ・・・・っ」

「どう、痛い?痛い?ウフフフ・・・・もっと叫ぶ声を聞かせて・・・・」

痛みに耐えきれず玄海ギブアップ。勝負タイム10分45秒、タイトル戦にしては短い試合だったが、観衆はカガミの技術に大声援。

「ふっ、力押しで勝てるほどプロレスは甘くないですわ。ベルトを守った後に飲む紅茶もまた格別ですわ・・・」
69年目7月

« 第1,493回 200代目のチャンピオン | トップページ | 全日本はどうなってしまうのか20130508 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。