2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,540回 70年12月 タッグリーグ(4) | トップページ | 激暑 激務 20130724 »

2013年7月23日 (火)

第1,541回 もしもしテレホン人生相談ですか

70年目1月
SPZ王者・北条咲の腰の具合は深刻で、年が明けてもなお「万全の状態ではない」ということで1月シリーズ全休がアナウンスされた。

そして最終戦新日本ドーム、メインにはSPZタッグ戦を組んだが、集客はいまいちであった・・・・

第1試合は菊次莉乃VS長原ちづる。新人同士の対戦。P藤原と組んでタッグリーグに出るなど進境著しいが、

―ここで負けたら完全に引き離されたことになる

そう考えた菊次も一歩も引かないファイトを見せる。最後は長原が粘る菊次をなんとかブレーンバスターで振り切り、11分31秒、3カウントを奪取。

続く第2試合は野村あおばVS小早川志保。このカードも若手のぶつかり合い。この試合は小早川が押し込み、8分57秒、ニーアタックで3カウントを奪い先輩の貫録を示した。

休憩前第3試合はアイドルタッグの片割れ、アプリコットつばさが登場。アーニー・ストリームと対戦。しかしストリームの馬力に太刀打ちできず、一方的に攻め込まれて、最後はフェイスクラッシャーに力尽きた。勝負タイム8分58秒、その試合が終わると休憩。

第4試合はアイドルタッグの片割れ、フェアリー三井寺が登場、極悪レスラー、ダークジョーカーと対戦。ラフ交じりのジョーカーの攻めに三井寺、なすすべなく、最後はジョーカーアタック、ノーザンライトSHと畳み掛けられて敗北。勝負タイム10分49秒。

シングルマッチ5連発の最後は神田幸子が登場、AACのビッグネーム・メアンドロスと対戦。やはりメキシコのトップレスラー相手となると神田も苦しい。13分10秒、フランケンシュタイナーを食えらって敗北。

**********************

そのあと、セミファイナル。

「もしもしテレホン人生相談ですか・・・・」

小川母が人生相談するあおりVTRで場内爆笑

「はい、どうしました?」

 「娘がぐれてしまったんです」

ドワハハハハハ!!

電話の相手はバラエティ番組で有名な美人カウンセラー・佐伯あずみ。

「どうしてぐれちゃったんですか?」

 「実はかくかくしかじか」

「あー、それはまがった根性を叩き直せる人を用意したらいいと思いますよー」

 「ありがとうございます」

ということで小川母、アメリカに国際電話をかけて屈強な女子レスリングコーチを2名招集した!

「マシノ先生とヴェゲアラカ先生!どうかあの子のまがった根性を叩き直してあげて」

かくてセミファイナルは小川あかり、ダークヴィーナスVSマシノ先生、ヴェゲアラカ先生のタッグマッチ。女教師コスプレの外人2人にまた爆笑。

「オイッ、オイっ!!」

小川あかりがファンにがなりをきめる

「リングネームを変える。私は今日から『閼伽裏(あかり)』に改名する」

シーン・・・・

場内あきれて声も出ず。

「閼伽裏」の巨大フリップに場内失笑。ちなみに試合のほうはダークヴィーナスがつかまってしまい、女教師2人の合体パワーボムにフォール負け。勝負タイム13分47秒。
「てめえら、覚えてろよ!!」

とか何とか言って引き揚げる閼伽裏。ファンは笑い転げた。

« 第1,540回 70年12月 タッグリーグ(4) | トップページ | 激暑 激務 20130724 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。