2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,551回 奈良で大波乱 | トップページ | 第1,553回 SPZ本隊VSウルトラグレンタイ 5対5現金争奪マッチ »

2013年8月10日 (土)

第1,552回 ティッシュ箱くじ引きin YOKOHAMA

71年目5月

そして最終戦は本拠地に戻って横スペ大会。

「SPZ本隊VSウルトラグレンタイ シングル5大決戦ウォーゲーム」

とかいう大看板が掲げられた。

第1試合開始前、ウルトラグレンタイの5人が入場

閼伽裏、カガミ・アスカ、NOTORI、ダークヴィーナス、ダークジョーカーの5人がぞろぞろと入場し、閼伽裏がマイクパフォーマンス。

「横浜の腐れSPZファンども、私たちがSPZを制圧した、ウルトラ・グレンタイじゃあああ」

場内失笑、ギャグとしか思えなかったのである。

しかしそこで流れたのは「ディヴェルティメントK138」

小川母が現れた。

「あかり、そんな痛い悪役なんてやめなさい。お客さんみな笑ってるわよ。まあいいわ。きょうはあなたたちをまとめて始末するから。いでよ、SPZ本隊5人衆!!」

こんどは花道からSPZ正規軍の5人がぞろぞろと入場。

SPZ王者北条咲、玄海恵理、神田幸子、ペガサス藤原、そして小早川志保。

「今日の休憩後は、SPZ本隊VS落胆のブタ軍団、5対5のシングル5大決戦よ!」

どわあああああ

「そして勝負には賭けるものが必要。ただ生命とかを賭けるのはよくないから、勝者は1勝につき2000万円を得ることができて、敗者は1敗につき2000万円を失うスーパーマネーマッチよ。これで完全決着をつけてもらうわ」

「5-0で勝ったら1億円もらえるのか、面白い」

北条が笑う。

「そして組み合わせは、あたしがさっき作ったあみだくじ・・・」

「ちょっと待ったー」

花道を駆けてくるのはセブン山本統括部長

「フローラさん、メインのカードは決まっているんですよ。王者北条咲さんVS挑戦者カガミ・アスカって。それ以外の4戦は未定だけど」

「あらそうなの」

場内笑い。

「営業的にメインのカードは動かしてほしくないんですよ」

どわははははは

「あら、そうでしたわね。」(小川母)

「そこで、それ以外の組み合わせはこれで決めましょう」

セブン山本がティッシュボックスをリング上のテーブルに置く。

「ティッシュ箱くじ引きだ」

どわはははははは

「この中に1番から4番の数字が記されたメモ用紙を入れる。さあグレンタイの諸君、引いてくれ」

閼伽裏、ダークヴィーナス、ダークジョーカー、NOTORIの4人がクジを引く。

そのあとセブン山本はティッシュ箱をもう一つ取り出した。

「この中にも1番から4番の数字が記されたメモ用紙が」(以下略)

本隊側の選手もティッシュ箱くじ引きを行った。

「メモ用紙には電子チップが埋め込まれていてだな。これで対戦カードが決まった。オーロラビジョンにご注目ください!!」

「1番、本隊、小早川志保 VS グレンタイ、NOTORI!!」

鈴木リングアナが対戦カードを叫ぶ。

「2番、本隊、神田幸子 VSグレンタイ、ダークヴィーナス!!」

「3番、本隊、ペガサス藤原 VSグレンタイ、閼伽裏!!」

ドワアアアア

「そして、4番、本隊、玄海恵理 VS、グレンタイ、ダークジョーカー」

「この4戦プラスメインのSPZ選手権、本隊、北条咲VSグレンタイ、カガミ・アスカの合計5試合は、1試合ごとの2000万円争奪マッチとして行います!」

ドワアアアアアああ

そしてしばしにらみ合いの後、それぞれ引き揚げた。

(セミまでの対戦カードはくじ引きで決まったように見せかけたがもちろんティッシュ箱やメモ用紙に仕掛けがしてあって、事前にひくカードが決められていたことはいうまでもない)

***************************
第1試合は野村あおばVS山科瞳。山科の東都デビュー戦だったが、野村あおばが一方的に攻め込む展開。

野村の強烈エルボーでひるんでしまった山科、やはり新人は殴られるのに弱い。5分23秒、あっさりとエルボー連発に沈んだ。
「うーん、もうちょっと反撃してほしかったですね」(解説の杉浦社長)

第2試合は入社2年目の若手、菊次莉乃登場、対戦相手は久々来日のレッドロシアン。しかしパワーが違いすぎる、菊次、一方的に攻め込まれた挙句、ジャーマンで悶絶し3カウントを奪われた。勝負タイム8分32秒。

休憩前の試合にあばしりタッグ王者のアイドルタッグが登場。対戦相手はマシノ・シアター&ウトン・ヴェゲアラカの強豪外人コンビ。さすがに強豪外人相手だとアイドルタッグの2人はパワー不足の弱点がもろに出てしまう。

「まあなんだかんだいってプロレスは馬力ですからねえ。圧力がないと技を繰り出せません」(かいせつの杉浦社長)

外人ペースで試合は進む。細かいタッチワークで抵抗したアイドルタッグだったが、最後は アプリコットつばさがつかまってしまい、外人組の合体パワーボムに沈没。勝負タイム14分48秒、その試合が終わると休憩。

後半は久々のシングルマッチ5連発。

「SPZ本隊VSウルトラ・グレンタイ 5大シングルマッチ」と銘打たれた。なんと1勝につき勝ったチームが2000万円を負けたチームから請求できるルール。

花道をまず札束が運び込まれる。場内ドワアアアア。

SPZ史上初の大金を賭けたガチンコセメント?団体戦マッチが始まる・・・・・

« 第1,551回 奈良で大波乱 | トップページ | 第1,553回 SPZ本隊VSウルトラグレンタイ 5対5現金争奪マッチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。