2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,574回 初めてのタイトル戦 | トップページ | 第1,576回 これが本当のスモールパッケージホールドですわ »

2013年9月15日 (日)

第1,575回 そのくらいでやめておきなさいな、警察につかまってしまいますわ

71年目1月

最終戦は新日本ドーム大会。

いつもと変わらない新春まったりSPZ興行となるかと思われたが、後半に恐ろしいアングルが用意されていた。

第1試合は山科瞳VSイレーヌ・バウム。

懸命に粘ったアイドルレスラー候補の山科だが、バウムの強烈なキックで動きが止まってしまい、10分経過とともに強烈なソバットをもらって3カウントを許した。10分18秒、山科、初白星が遠い。

続く第2試合はベテランの神田幸子が登場。対戦相手は小早川志保。

昨日の新潟であばしりベルトを獲得した神田、対戦相手の小早川は的が小さく動きも速いので打撃をかわされ続けてしまう。どよめく場内。

「っ、しゃあねえなあ」
組みついて投げ技に移行すると見せかけて
がっ
ステップキック。このへんは経験のなせるワザ。もだえ苦しむ小早川。

「とどめだ」
DDTで3カウント。11分50秒、神田幸子がベテランの貫録を示した。

続く第3試合はフェアリー三井寺、野村あおばVSベケシャウトン、アンリ・ブラフォード組のタッグマッチ。

団体最古参の三井寺が若い野村をリード。最後は合体パイルドライバーでベケシャを仕留めた。勝負タイム18分28秒。

その試合が終わると休憩。ここまでは何も変わらない新春興行。

*******************************

休憩後の試合はタッグマッチ。ダークジョーカー、NOTORIの悪女コンビに対するは入社2年目の長原ちづる、菊次莉乃組。しかしこの試合はダークジョーカーがラフファイトに終始。なんと栓抜き攻撃で長原を頭から流血に追い込む!正月早々酷いことを・・・・

「ぐううう」

これでチームとして機能させなくしておいて菊次を集中攻撃。えげつない。

「ファファファファファ」

最後はミサイルキックでジョーカーが菊次を仕留めた。「ウルトラグレンタイ」の旗を掲げるジョーカーだった。勝負タイム14分31秒。

セミは閼伽裏、ダークヴィーナスの前あばしり王者が登場。レッドロシアン、ダイナマイトへリングの強豪外人チームと対戦。

しかしこの試合、ダークヴィーナスの様子がおかしい。閼伽裏の合体攻撃の指示に応じず、ひたすら孤軍奮闘し外人相手にキックをかましてゆく。最後はダイナマイトへリングが得意のダイナマイトスパイクをダークヴィーナスに決めて15分20秒、3カウント。

意気揚々と引き揚げる外人2人、そのあと事件が起こった。
「今日の試合は何だよ!ああ?!ダークヴィーナス!」

試合後マイクアピールは閼伽裏。

「出ずっぱりでやりやがって!おい、NOTORIさん、ジョーカーさん」

前の試合に出たNOTORIとダークジョーカーがリングに上がる。手には黒バットをそれぞれ持っている!

「制裁を加えよ!」
「・・・・・・」

黒バットを手にした2人がダークヴィーナスに向かうが、

2人はくるっと向きを変えて

バキョバキョバキョ!

閼伽裏に殴りかかった!!

えええええ?

思わぬ展開に場内どよめき

不意の一撃に崩れ落ちる閼伽裏、そこへダークヴィーナスが駆け寄り
「うるぁあぁぁっぁぁぁ!!」

ストンピングを入れて制裁、まさに集団リンチ!グレンタイが内ゲバか?

「が、ぎっ、ぐっ、げ・・・・・・」
顔面から血を流しあえぐ閼伽裏。

「そのくらいでやめておきなさいな、警察につかまってしまいますわ」

次の試合に出るカガミ・アスカがマイクを持って現れた。

「閼伽裏さん」

 「・・・・・・・」

「悪いけど、ウルトラグレンタイは今日で終了」

« 第1,574回 初めてのタイトル戦 | トップページ | 第1,576回 これが本当のスモールパッケージホールドですわ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。