2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋爽20130918 | トップページ | 第1,579回 ひかりのたま、そしてバルス。 »

2013年9月19日 (木)

第1,578回 71年目2月 スノーエンジェルシリーズ

71年目2月

「スノーエンジェルシリーズ」開幕。

しかし小早川志保が右足首負傷で欠場、神田幸子も首の負傷で欠場。そして北条も腰痛が治らず欠場となり寂しいサーキットとなった。

シリーズ初戦山口大会、セミでシベリアに送られたはずの閼伽裏が登場し、かつてのパートナー、ダークヴィーナスと対戦。

ダークヴィーナスの蹴り技に苦しんだが、なんとか11分12秒STFで逆転勝利した閼伽裏、一人で「グレンタイ」の旗を掲げようとしたところ、

「いらない子を制裁しなさい!!」

カガミ、ダークジョーカー、NOTORIの3人が現れて閼伽裏をボコボコにのしてしまった・・・
「うっ、ううう」

担架で運ばれる閼伽裏、哀愁・・・・

****************************

シリーズ第4戦は神戸大会。第3試合で閼伽裏VS菊次莉乃のシングルマッチ。入社2年目で上に上がりたい菊次にとっては大きなチャンスだったが

「ぎゃー」
14分0秒、相手の攻めを受けきった閼伽裏が強烈な逆片エビで菊次を退けた。そしてまた「グレンタイ」の旗を掲げようとしたところを

「あの三下を制裁しなさい!」(カガミ)

アポカリプスのメンバーに襲撃され袋叩きにあってしまう。

今度は体にマジックで「APOCALIPS」とかかれる屈辱を味わった。

神戸大会メインはSPZ選手権、先月ドローに終わったカードの再戦。カガミアスカ、NOTORI VS レッドロシアン、ダイナマイト・へリング。

例によってカガミは相手の猛攻を受けながらのファイト。懸命に立て直そうとするNOTORI。しかし今回はへリングの調子が良く、タイガードライバーを連発するなどいい動き。カガミにはSTOで動きを止める大活躍。こうなると王者チーム苦しい。

「オラああ」

2発目のSTO、これはなんとかNOTORIがカットしたが、へリング、落ち着いて一息ついてからレッドロシアンを呼び込んで合体パワーボム!そのままレッドロシアンは場外のNOTORIを追撃。これで3カウントが入った。

勝負タイム42分46秒、王者組は3度目の防衛に失敗。

***********************
そして最終戦は横スペ大会。

試合前のNCもあおりVTRもなし。横浜大決戦とか遺恨凄惨とか事前に宣伝広告をつぎ込んだのに。これは嵐の前の静けさなのか。

第1試合は山科瞳VS野村あおば。山科瞳、もうすぐ入社1年なのに先輩の猛攻に耐えきれずニーアタックに敗北。勝負タイム9分46秒。

第2試合はベテランのフェアリー三井寺が登場。対戦相手はAACの中堅外人、シェーラ・カロヤン。シェーラの素早い動きに戸惑った三井寺だが、頃合いを見計らってSTFを決めてギブアップ勝ち。勝負タイム12分42秒。

続く第3試合は入社2年目の二人が登場、菊次莉乃、長原ちづるVSフランチェスカ・コロン&アンリ・ブラフォード。若手2人が中堅外人相手に懸命のファイト。

あばしりベルト奪取で先を越された長原も同期のパートナーに存在感を見せつけるような猛攻。そして最後は4人が入り乱れる中、ニーアタックを決めた菊次がコロンから3カウントを奪取。勝負タイム16分59秒。

その試合が終わると休憩。

休憩後はアポカリプスの3人が登場、NOTORI,ダークジョーカー、ダークヴィーナスの3人がレッドロシアン、ダイナマイト・へリング、ベケシャ・ウトンと6人タッグで激突。試合はタッグタイトル戦の復讐に燃えるアポカリプスの3人が試合をかきまわし、最後はNOTORIが農鳥でへリングをなぎ倒して3カウント、勝負タイム11分44秒。

そして次の試合は閼伽裏VSカガミ・アスカ。

試合前に場内が暗転。

オーロラビジョンに映し出される4文字

「遺 恨 凄 惨」

場内どよめきと爆笑が相半ばした。

« 秋爽20130918 | トップページ | 第1,579回 ひかりのたま、そしてバルス。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。