2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,599回 全国1000万のファンの皆さん、お待たせしましたー | トップページ | 第1,601回 サウンドクリエーターの没落 »

2013年10月19日 (土)

第1,600回 敗者人質爆破ウォーゲーム

「メインイベントのタッグマッチ特別試合は、敗者人質爆破マッチで行いますので・・・」
「ええっ?」

セミの試合を戦った長原ちづるとザ・ダークヴィーナスが怪訝な表情

「メインイベントの間、花道奥の特殊鉄檻の中で観戦していただきましょう。」

とかいっているうちに入場ゲートそばに2つの鉄格子つきケージが。

「入ってください。メインで所属するチームが勝てば何も起こりません。」
えええ!

セミを終えた2人、しぶしぶ鉄格子に入った。そして
ピー
鍵が電子ロックされた。

「電子ロックを外すには入口で4ケタのパスコードをテンキーで入力しなければなりません。で、そのテンキーの数字を書いたメモはここにあります。」

2通の封筒をかざすセブン山本。

「メインイベント、勝ったチームに該当チームの人質解放パスコードの入った封筒を差し上げます、なお、メインイベント終了3分後にそれぞれのケージに仕掛けられたトラップが作動します。」

ドヤ顔でメインイベント特別試合の説明をするセブン山本、コワイ!

負けたら自軍の人質が爆破されるやばすぎるルール。そして実際に闘うのは

メインは小川あかり、菊次莉乃VSカガミ・アスカ、NOTORI。

SPZ正規軍とアポカリプスのタッグ頂上対決だ。

負けたら人質の身にどんなペナルティが降りかかるかわからないので、懸命にファイトする両チーム。しかし小川あかりはいつもののんびりした腕攻め。

「チィーッ」

NOTORIがじれてDDTにとらえ、弱ったところをフェイスクラッシャー。
「小川さん―」

長原の叫びも届かないのか。代わった菊次にもNOTORIはDDTを連発してペースを離さない。

そして小川を捕らえて合体パイル、かろうじて返した小川だがNOTORIがトドメの農鳥
わー
小川懸命にかわして菊次にスイッチ!
「消えろ」

しかしNOTORI2度目の農鳥、これは小川カット。場内大盛り上がり。今度は菊次と小川が合体パワーボムを試みるもカガミ返した!
「決める」

最後は4人が入り乱れる攻防の中、ハイキックでNOTORIが小川を沈めた。
「ギギギ・・・」

46分12秒の熱闘を制したアポカリプス軍。NOTORIがフォールの態勢を離すや本部席へ降りセブン山本から封筒を受け取るやアポカリプス側のオリー・・・・ダークヴィーナスが閉じ込められているーへダッシュし入口のテンキーでパスコードを打ち込んだ。
「1600」

ピー
電子ロックが解除された。
NOTORI、ダークヴィーナスを開放して3人でリング上で手和えをしてから、反対側の花道をそそくさと引き揚げた。

セブン山本はいつのまにか姿を消していて、本体側鉄檻に時限装置カウントダウンが点灯した。

ブーッ、ブーッ

アラートブザーが鳴り、カウントダウンタイマーの数字が減ってゆく。
「120,119,118,117,116・・・・」
中には長原ちづるが閉じ込められている!アブナイ!

菊次、意を決して花道を走って鉄格子の前に来た。テンキー入力装置でセブン山本の誕生日である「1107」を入れてみたが「パスコードが違います あと2回間違えるとテンキー入力装置を無効化します」というエラーメッセージがディスプレイに表示された。

「鉄格子を殴って開ける、それしかない」

菊次、外から鉄格子をパンチして壊そうとしたがびくともしない
「60,69,58,57」

小川あかりも蹴りを入れて加勢したが鉄格子はびくともしない。今度は中にいる長原も加勢したがびくともしない。
「このっ、このっ」
菊次のこぶしが血で染まる。すさまじい。

「もういいって、もういい、キクさん」
中から長原が制止するが菊次シャカリキになって鉄格子を殴りつける

げしげしげしげし!!

「10、9,7,8,6」
ビービービービー

警告サイレンも鳴り響く、場内ハイテンションマックス!!
このとき一緒になって鉄格子を蹴っていた小川あかりが自分だけ逃げだして、反対側の花道を逃走して引き揚げてしまった。場内爆笑。土壇場になると人間の本性が出る。

どわあああああ!

「ぬあおー」
菊次、今度は渾身の力を込めて鉄格子の檻をひん曲げようと力を込めるが、頑丈な鉄格子はびくともしない!

3.2.1.0.

ピー
ZUDOMMBBBBBBBBBABABABABABAKKAKAK!!

その瞬間、鉄格子の天井に仕掛けられていた爆弾が起動し内部に爆炎と火花が充満する!!

ギャンっ
爆風で吹っ飛ぶ菊次、

「あぎゃあー」
中から長原の断末魔の悲鳴!!

煙が収まると中にいたのは爆炎で黒焦げになった長原の倒れた姿であった。
ピー
ここで電子ロックが解除された。あわてて長原を介抱する菊次

「ちづる・・・・ッ」

救急車に乗せられ黒こげになった長原ちづるはアポカリプス病院へ搬送された。オーロラビジョンには「TO BE CONTINUE」の文字が。

こうしてSPZ史上初の「敗者人質爆破デスマッチ」は終わった。

************************

(筆者より なんとか1,600回、1,600の関ケ原までたどり着きました。これからも体力気力の続く限り頑張ります)

« 第1,599回 全国1000万のファンの皆さん、お待たせしましたー | トップページ | 第1,601回 サウンドクリエーターの没落 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。