2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,623回 青春の血がたぎってきたわ | トップページ | 第1,625回 四人目の偉業達成者 »

2013年12月 1日 (日)

第1,624回 フローラ小川29年ぶりのSクラ参戦

第73回SPZクライマックス

第4戦は名古屋しゃちほこドーム大会。

ダークヴィーナス(4点、掌底からの片エビ固め 14.49)欲野(4点)

小川母娘を連破してここまで2連勝で来ている欲野深子、この日はダークヴィーナスとアポカリプスの同門対決。よく粘ったのだが掌底連打でやられてしまった・・・

NOTORI(2点、裏拳からの片エビ固め 9.20)F小川(0点)

フローラ小川、ぐだぐだファイトに終始。まだ長年のブランクがあり実戦カンに苦しんでいる様子。この日もNOTORIのスピードについていけず、頼みのストレッチプラムは振りほどかれ、呆然としたところを裏拳で殴られ敗北。

菊次(4点、デスバレーボムからの片エビ固め 11.0)小川(2点)

玄海についてゆくためにこれ以上星を落とせない菊次が積極的に攻め、ダイビングプレス、デスバレーの大技攻勢で小川を仕留めた。

玄海(6点、パワースラムからの片エビ固め 9.39)長原(2点)
長原、トップを走る玄海の力押しになすすべなし。

++++++++++++++++++++++

第5戦は札幌どさんこドーム大会。
NOTORI(4点、裏拳からの片エビ固め 19.13)欲野(4点)

初出場の欲野深子、この日もアポカリプスの同門対決でNOTORIと対戦。しかしNOTORIのスピードは欲野にプロレスをさせなかった。動きが止まったところを農鳥の急降下爆撃。2発くらって何とかフォールを返したものの、ダメージが深く続く裏拳に沈んだ・・・

長原(4点、ノーザンライトSH 9.13)F小川(0点)

ストレッチプラムで勝負に出たフローラ小川だが、あっさり振りほどかれてしまい、ノーザン2連発に散った。

菊次(6点、ムーンサルトプレスからの片エビ固め 13.34)ダークヴィーナス(4点)

力関係の逆転した両者の対戦。ダークVキックをしのいだ菊次が勝負に出て、鋭いエルボーで勝負に出て、ミサイルキックをぶち込んでから延髄斬り、そしてムーンサルト。波状攻撃のお手本のような展開で勝利。

玄海(8点、キャプチュード 12.44)小川(2点)

「油断はできないけど、あれはすぐ潰せる」
頭突きでぐらつかせてバックドロップ。連発。そしてスクラップバスター。追い詰められた小川がSTFを繰り出すが耐えきった玄海、
「オラオラオラー」
遊びはもう終わりだということなのかキャプチュードをさく裂させ小川から3カウント奪取。

***************************

第6戦は福島大会。

NOTORI(6点、農鳥からの片エビ固め 11.29)長原(4点)
NOTORIがいい動きを見せて3勝目を挙げた。

ダークヴィーナス(6点、掌底からの片エビ固め 9.07)小川(2点)

試合序盤からフィッシャーマンバスターを仕掛けて相手の動きを止める作戦が的中したダークヴィーナス。小川あかり、シャイニングウィザードが顔面に入って鼻から流血するアクシデントもあり、掌底で殴り倒されてしまった・・・

菊次(8点、エルボーからの片エビ固め 23.48)欲野(4点)

良く菊次の動きに食らいついて行った欲野だが、最後はエルボー連打に沈んでしまった・・・

玄海(10点、ラストライドからのエビ固め 10.15)F小川(0点)

フローラ小川、ひさかたぶりのシングルメイン。しかし20%の力しか出せないのに玄海に通じるわけもなくラストライド2連発に沈んでしまった。
第73回SPZクライマックス、大方の予想通り限界が10点でトップを快走、菊次が8点で追う展開・・・

« 第1,623回 青春の血がたぎってきたわ | トップページ | 第1,625回 四人目の偉業達成者 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。