2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,650回 限界のない可能性へ(中) | トップページ | ブリザード20140108 »

2014年1月 7日 (火)

第1,651回 限界のない可能性へ(下)

74年目8月 SPZクライマックス 終盤の模様

第7戦は仙台大会。

ダークV(6点、腕取り式丸め込みからのエビ固め 17.05)小川(2点)

ベテラン同士の対戦。ダークヴィーナスがチョップ、エルボーで先手を取る。小川あかりはいつも通りのぐだぐだファイト。そしてバックドロップ、シャイニングウィザードでラッシュをかけたダークヴィーナス。最後は2度目のバックドロップで棒立ちになったところを腕を取って強引に丸め込んで3カウント奪取。これで3勝目ゲット。

菊次(10点、ニーアタックからの片エビ固め 10.26)サキタン(2点)

サキタンの攻めを真正面から受けきった菊次がノーザンライトで反撃開始。これで腰を打ってしまったか、サキタンの動きがとまってしまう。そこへニーアタックを連発した菊次が危なげなく勝利。1敗を守った。

玄海(12点 キャプチュードからのエビ固め 20.1)K神威(4点)

優勝争いのトップを走るベテランの玄海。この日は新鋭のカンナ神威と激突。得意の頭突きでペースを握るもカンナ神威も腕ひしぎで応戦。強引に振りほどく玄海。ラリアット、ブレーンバスターで猛攻、そしてスクラップバスター。
「オラオラオラー」

しかし玄海のハイキックを水面蹴りで切り返すカンナ。場内沸く。
「この野郎」
玄海、急場しのぎに2度目のスクラップバスター、そしてブレーンバスター。これで動きを止めてのラストライド!
ワン、トゥ、ドドドドド

一度は返したカンナ神威。ならばと立て続けに2度目のラストライド、これはカンナ神威懸命にロープへ。

「何ぼでも落としてやる!!」

玄海非情な攻め、3度目のラストライド、しかしカンナ神威返す!

玄海、意地になって4度目のラストライド、それでもカンナ神威返す!

(うへー)

玄海、驚愕の表情。

場内どよめき。

4度もラストライドを食らって返せるというのは人間離れしている。
「じゃあこれでどうだ!!」
とにかく2点を取りに来た玄海がキャプチュードで勝利。

玄海恵理、勝つには勝ったが複雑な表情。

「必殺技を4回も返されたんですよ。進退を考えなきゃいけません(笑)」

長原(10点、丸め込みからのエビ固め 16.03)欲野(2点)

長原も1敗を守った。裏投げ連発で追い込み、最後は一昨日のサキタン戦同様にチョップでひるんだところを強引に丸め込んで勝利。

かくて、優勝争いは全勝の玄海、1敗で菊次と長原が追う展開。しかし最終戦の玄海の相手が、ここまで1勝のサキタンなので、よほどの大番狂わせがないかぎり玄海の優勝は堅いというのが多くのファン、マスコミの予想だった。SPZクライマックス6連覇となればあの吉田龍子が成し遂げて以来61年ぶりの快挙である。

**********************

そして最終戦は横スペ大会
ダークV(8点、シャイニングウィザードからの片エビ固め 29.55)K神威(4点)

カンナ神威の堅実な攻めをしのぎつつ攻め疲れを待ってラッシュを仕掛けて、タイムアップ直前にシャイニングウィザードで勝利したのはダークヴィーナス。このつわものぞろいのリーグ戦を8点でまとめたのはさすが。

欲野(4点、ランニングタックルからの片エビ固め 15.11)小川(2点)

ここまで2点と星の上がらなかった両者の対戦を制したのは欲野。小川あかりのぐだぐだぶりに付け込み、最後は体ごとぶつかるタックルで小川をなぎ倒し4点でリーグ戦を終えた。

玄海(14点、パワースラムからの片エビ固め14.54)サキタン(2点)

勝てば優勝が決まる玄海。さすがに優勝賞金300万円、いや6連覇がちらついたのか緊張した表情。

「・・・・寝首をかかれないようにやるだけ」

猛烈な頭突きでサキタンをたじろがすと、普段はあまり見せないステップキックでサキタンを悶絶させる。そしてラリアット。やはり一つ一つの技の重さが違う。

サキタンもムーンサルトを繰り出すなど大いに健闘したが、玄海もノーザンでペースを取り戻すと
「オラオラオラー」
パワースラム炸裂!これでサキタンを仕留めて全勝優勝達成。

「ま、なんとか、ね。」

過去には、あの吉田龍子しか成し遂げていないSPZクライマックス6連覇を達成した。

そして7年連続連対入りも白石なぎさ以来2人目の大記録。

菊次(12点、ムーンサルトプレスからの片エビ固め14.37)長原(10点)

結局メインイベントは消化試合となった。それでも現SPZ王者として負ける負けにはいかない菊次がペースを握り、延髄切りでなぎ倒してからのムーンサルトで勝負を決めた。

*********************

メイン終了後、表彰式。

「まあ、当然の結果だけどな!えへへへへ」

玄海恵理、偉業の6連覇。笑顔で賞金300万円と副賞のダイヤネックレスを受け取った。準優勝は菊次が入り、横浜中華街のお食事券5万円分が贈られた。

« 第1,650回 限界のない可能性へ(中) | トップページ | ブリザード20140108 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。