2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,686回 75年目12月 ウルトラタッグリーグ(2) | トップページ | 第1,688回 75年目12月 ウルトラタッグリーグ(4終) »

2014年3月10日 (月)

第1,687回 75年目12月 ウルトラタッグリーグ戦(3)

75年目12月 ウルトラタッグリーグ戦

オーロラビジョン、ベッドの上に座った初老の医師が、刺身定食を食いながらがなりを決める。

「ゆけ!欲野深子、わしが作った最強戦闘マシーンよ!タッグリーグを制して優勝賞金を我がアポカリプス軍の活動資金にするのじゃ。」(素敵なお医者さん・欲野深三)

メインイベント前に放映されるあおりVTRに場内爆笑。少し前に小川あかりのラリアットを食らって首を負傷し入院中という設定だが、必ず病室で豪華な食事をしながら指示を出している。

「かいせつの杉浦さん、リーグ戦の行方は」

「さあー。まだ1差しかついていないのでわかりませんけど、欲野・サキタン組がこのまま行きそうですね。両方とも攻めにくいところがあるので分断しにくいんですよ」

第5戦はなにわパワフルドーム大会。

ダダーン○、USA(4点、ラリアットからの片エビ固め 15.35)Bフェンリル、Sフェンリル×(2点)

外人対決はパワーに勝るダダーン組が制した。

ダークV○、ブラック越後(6点、ダークVキックからの片エビ固め 13.27)野村×、山科(2点)

「か、格下扱いすると、痛い目見るんだから!」(野村)

ダークヴィーナス組も順当に3勝目。アイドルタッグをそこそこ動かせて動きが止まったのを見るや蹴りつぶすというえぐい攻めを見せて勝ち点を6に伸ばした。

菊次、長原○(6点、合体パワーボムからの片エビ固め 20.29)マキーナ×、エナ(2点)

ネグシハベシ国コンビ、いい試合はするのだがなかなか勝ちにつながらない。立ち技の大技切り札がなく、関節技絞め技は、ことごとく相手にカットされてしまうので、タッグマッチではなかなか決定的チャンスを作れず。

この日もマキーナ姫が最後はつかまってしまい、合体パワーボムに屈した。菊次組は3勝目。

欲野○、サキタン(8点、腕固め 15.27)K神威、小川×(2点)

15分経過までは普通のタッグマッチ。そのあと結末は突然に。バックの取り合いからスッと腕を極めた欲野深子

「アウーーーッ」

小川あかりの絶叫

欲野がギブアップ勝ち。

カンナ神威のカットは間に合わなかった・・・

「ヒャハは、思い知ったかこのハナタレ!!」(サキタン)

試合後、右腕を押さえてうなだれる小川へアポカリプス軍総出でリンチ。カンナ神威、菊次ら正規軍の面々が救出に入りリング上は大混乱に陥った。

**********************

第6戦は九州ドーム大会。

ダダーン○、USA(6点、合体パイルドライバーからの片エビ固め 15.51)ブラック越後×、ダークV(6点)

外人組のパワーにブラック越後が屈し、2敗目を喫し優勝争いから脱落。

K神威、小川○(4点、合体パワーボムからのエビ固め 24.02)マキーナ×、エナ(2点)

星の上がらない両チームの対戦はK神威組が制した。相手チームが弱ってきたのを見るや、エナを場外に落としてマキーナ姫を孤立させ、合体パワーボムで終了。

菊次○、長原(8点、ダイビングプレスからの片エビ固め 10.5)Bフェンリル×、Sフェンリル(2点)

菊次組が三下外人チームを余裕で下し、1敗を守った。相手チームの力押しを受けきるや大技ラッシュをかけ、ダイビングプレスでブルーフェンリルをフォール。

「星ひとつの差なら、最終戦で並べる。まだ望みはある」(菊次)

欲野、サキタン○(10点、シューティングスタープレスからの体固め、10.08)野村×、山科(2点)

「ぜ、前座要員扱いすると、痛い目見るんだからね!」(野村)

カード編成の都合とはいえ九州ドームのメインイベントに抜擢されたアイドルタッグの2人。普段の定位置は休憩前あたりなので試合前から緊張の色を隠せない。

余裕の試合運びでアイドルタッグの挑戦を退けた欲野組が無傷の5連勝。このまま突っ走るのか。

« 第1,686回 75年目12月 ウルトラタッグリーグ(2) | トップページ | 第1,688回 75年目12月 ウルトラタッグリーグ(4終) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。