2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ごまえー♪20140312 | トップページ | 第1,690回 75年目2月 スノーエンジェルシリーズ »

2014年3月13日 (木)

第1,689回 SPZ VSアポカリプス 4対4シングル

75年目1月
「新春ロケットシリーズ」開幕。四国地方を回った後、最終戦は新日本ドーム大会。

第1試合、韓流スター、ユン・メイファが得意の打撃でエレナ・ライアンを追い込み、最後は7分40秒、ニーリフトで倒して3カウント奪取。

ここでセブン山本統括部長がリングに上がった。

「あけましておめでとうございます。WELCOME TO SPZ 今日はSPZ本隊VSアポカリプスの4大シングル戦がありますのでみなさま最後まで楽しくご観戦ください」

続く第2試合はタッグマッチ。野村あおば、山科瞳VSテディキャット堀、金森麗子。やはり先月のタッグリーグに出た野村山科の連携が勝り、最後は11分39秒、山科がネックブリーカーでテディキャット堀を沈めた。

続く第3試合は強豪外人レミー・ダダーンが登場。初来日のエイダ・ファムと対戦。パワーで上回るレミーが安定の試合運び。最後は10分13秒裏拳で殴り倒して3カウント。その試合が終わると休憩。

********************

休憩明け第4試合はホームステイタッグが登場。マキーナ姫とエナ・ガロニンティス。母国の財政危機を救うため来日した2人、滞在費を切り詰めるため横浜のSPZ本社にホームステイしてお風呂だけ道場に入りに行っているという2人がリングに上がり、クリスモーガン、ブルーフェンリルと対戦。しかし世界のトップ選手モーガンの壁は厚く、15分19秒、モーガンのニーリフトでエナがやられてしまった。

そのあと本日の目玉、SPZ VSアポカリプス4対4シングル対決。

まずSPZのヒロイン3代目、小川あかりが登場。

対するはダークヴィーナス。小川あかり、いつも通りのぐだぐだぶりを見せ、エルボーの乱打を食らってふらふら。バックドロップを切り返して押しつぶし、そのあとすかさずSTFという技術を見せたがロープに近い。これで攻め手のなくなった小川、あっさり掌底で殴り倒されて終了。勝負タイム15分53秒。

「ウェーハハハハハ、さっさと引退しろこのハナタレ」

試合後アポカリプスの面々に袋叩きにされ、小川あかりは担架で運ばれてしまった・・・・

セミ前はカンナ神威が登場し、同期のブラック越後と対戦。しかし地力ではカンナ神威の方が何枚も上で、越後はペースをつかめずズルズルと攻め込まれ、最後は14分5秒、ステップキックでカンナ神威が勝利。これで1対1のタイに。

セミは菊次莉乃VSサキタン。飛び技の応酬という派手な試合展開となった。相手が弱るやコーナーに上がって大技を狙う展開。しかし終盤は両者が疲れ切ってしまい攻め手を欠き30分時間切れドローとなった。

かくて4対4の決着はメインのSPZ戦、欲野深子VS長原ちづるの一戦にゆだねられた。しかし長原の動きが今一つで、持ち前の投げ技攻勢に持ち込めない。最後は欲野がサソリ固め。
「うあああああっ」
こらえきれず長原ギブアップ負け。勝負タイム25分38秒、王者が2度目の防衛に成功。この結果シングル4対4は2勝1敗1分けでアポカリプスが制し、、懸賞金の100万円を手にした。

« ごまえー♪20140312 | トップページ | 第1,690回 75年目2月 スノーエンジェルシリーズ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。