2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,713回 乙女よ、大志を抱け(1) | トップページ | 第1,715回 乙女よ、大志を抱け(3) »

2014年4月18日 (金)

第1,714回 乙女よ、大志を抱け(2)

76年目12月

ウルトラタッグリーグ戦

「当たって、砕けます」(小下小石)

アイドル兼業レスラー、小下小石、おそらく運営筋からのゴリ押しでタッグリーグに参戦となったが、パートナーのカンナ神威がうまく試合をまとめ、まさかの2連勝スタート。

第4戦は九州ドーム大会。

ダダーン、USA○(2点、ラリアットからの片エビ固め 13.37)B越後、アポカリプスワイルド×(2点)

アポカリプスワイルド、連戦サーキットには弱かったらしく、この日は精彩を欠いたファイト。ジ・USAに正面から力負けしてしまった。ダダーン組はこれで初日。

サキタン○、ダークV(4点、ミサイルキックからの片エビ固め 13.44)K神威、小下×(4点)

カンナ神威とサキタンが息詰まる攻防を展開したが、新人の小下が出てくるや集中砲火。まずダークヴィーナスが蹴りを見舞ってダウンさせた後
「ヤーッ」
サキタン、伸びのあるミサイルキック一発で小下を沈めた。カンナ神威組3連勝ならず・・・・

マキーナ姫、エナ○(4点、合体パワーボムからのエビ固め 23.01)長原×、菊次(2点

合体攻撃に活路を見出したネグシハベシ国チームが優位に立ち、合体パワーボムで長原を沈め、先月のSPZシングル戦の雪辱を果たした。

モーガン○、パニパト(6点、ポセイドンボンバーからの片エビ固め 16.35)ガルパン、Rロシアン×(0点)

九州ドーム大会のメインは異例の外人対決。モーガンのポセイドンボンバーが炸裂しレッドロシアンを沈めた。モーガン組これで無傷の3連勝・・・・

******************************

第5戦は名古屋しゃちほこドーム大会

サキタン、ダークV○(6点、ダークVキックからの片エビ固め 15.10)ダダーン、USA×(2点)

ダークVキック炸裂。すさまじい威力のジャンピングハイキックがUSAの戦意を絶った。サキタン組1敗を守り、コーナーでAPOCALIPSの旗を掲げた。

モーガン○、パニパト(8点、フェイスクラッシャーからの片エビ固め18.27)K神威、小下×(4点)

小下小石、さすがにモーガン相手には何もできず。はうようにしてK神威とタッチ。そのあとカンナ神威ローンバトルが続くも、モーガンのスタミナは驚異的でK神威もグロッキー状態に。苦し紛れに小下にタッチしたが、モーガン攻撃の手を緩めずものすごいポセイドンボンバー、これはK神威カットしたが続くフェイスクラッシャーで小下小石、沈んでしまった・・・・・

B越後○、アポカリプスワイルド(4点、ジャンピングキックからの片エビ固め 20.35)マキーナ姫×、エナ(4点)

「パートナーが微妙な分自分が矢面に立つしかない」
ブラック越後、試合の8割がた出ずっぱりのファイト。それでもマキーナ姫の攻めを受けきってから得意の蹴り連打でマキーナ姫を昏倒させ強引に3カウント奪取。2勝目を挙げた
「そんな・・・・」

蹴りを食らってしばらく起き上がれなかったマキーナ姫、試合後念のため病院へ向かった・・・・痛恨の2敗目。

長原、菊次○(4点、ミサイルキックからの片エビ固め 15.28)、ガルパン×、Rロシアン(0点)

長原組が2勝目。うまくガルパンを孤立させて集中砲火を浴びせ、最後はタイミングよく菊次のミサイルキックがヒットし吹っ飛んだところを押さえて勝利。ロシアンコンビまさかの4連敗・・・・・・・・

*********************

第6戦は札幌どさんこドーム大会。

サキタン○、ダークV(8点、合体パイルドライバーからの片エビ固め 19.35)モーガン、パニパト×(8点)

モーガン強い。サキタンのスピード攻めにも動じない。しかし何とか粘って粘って格落ちであるパニパトの引きずり出しに成功。

ここで決めないとと判断したのか、サキタンが猛ラッシュをかけた。ムーンサルトはロープに逃れられたが立て続けに合体パイルを決めてパニパトを沈め首位に並んだ。

長原、菊次○(6点、合体パワーボムからのエビ固め 18.03)B越後×、アポカリプスワイルド(4点)

2勝2敗同士の対戦は長原組が制し優勝戦線に踏みとどまった。アポカリプスワイルドの青さに気が付いた越後、例によって出ずっぱりファイトに終始するが、じゃあ集中砲火してやんよと菊次長原が猛攻を越後に浴びせてそのまま押し切った。

マキーナ姫○、エナ(6点、タントラロック 23.37)ダダーン×、USA(2点)

ネグシハベシ国チームも2敗守る。ダダーンの力押しに苦しむも、なんとか盛り返してまずエナがタントラロック。これはUSAのカットに救われたが、今度はマキーナ姫がタントラロック。たまらずダダーンはギブアップ・・・・

K神威○、小下(6点、裏投げからの片エビ固め 14.01)ガルパン×、Rロシアン(0点)

小下小石、大試練が続く。この日も強豪外人ガルパンに軽くあしらわれる。それでもなんとかひとしきり耐えてカンナ神威にタッチ。あとはカンナ神威もローンバトルを耐えきり、最後はガルパンを裏投げの連発で下して2敗を守った。新人を引き連れてのリーグ戦だが、まだ優勝の可能性を残している!

ウルトラタッグリーグ戦、1敗でサキタン組とモーガン組が並び、長原組、マキーナ組、カンナ神威組が2敗で追う展開。

« 第1,713回 乙女よ、大志を抱け(1) | トップページ | 第1,715回 乙女よ、大志を抱け(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,713回 乙女よ、大志を抱け(1) | トップページ | 第1,715回 乙女よ、大志を抱け(3) »