2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,750回 新人に負けちゃあ、カッコが悪い | トップページ | 第1,752回 SPZ世界タッグ王座海外流出 »

2014年6月 7日 (土)

第1,751回 Sクラに出るってことは重いんですよー。

78年目7月シリーズ最終戦 新日本ドーム決戦

「ふぅー、やれやれ。」

引退試合で結城千種を破り、安堵した表情でペットボトルの水を飲む山科瞳だった。

第2試合はアドミラル・ヤジマVSマリア・ボレン(初来日)

初来日のマリア・ボレンは基礎がしっかりしているレスラーで、危なげない試合運びでヤジマを追い込み、最後は教科書通りのスクラップバスターでひるませて3カウントを奪った。

「WELCOME TO SPZ」
セブン山本統括部長の挨拶。

「来月はSPZ最大の祭典、SPZクライマックスです。んで、出場選手どうすっかなーって考えてるんですけど、カンナ神威、マキーナ姫、欲野さん、サキタンさん、小石ちゃん、越後さんの6名は確定的やね。あと2人どうすっかなーって。マッチメイクも楽じゃないのよ・・・・みなさん誰がいいと思いますか?」

「エナさん!」「テディキャット堀!」「結城千種!」
館内からバラバラの声援が飛ぶ。

「わかったわかった、じゃあこうしよう。久々のティッシュ箱くじ引き!!」

どわああああああ!?

セブン山本レフェリー、スーツの内ポケットから自分の名刺を6枚取り出すや、「エナさん」「テディキャット堀」「金森麗子」「アドミラル・ヤジマ」「結城千種」「斉藤智子」とボールペンで若手中堅新人選手の名を6人書く。

「ティッシュ箱プリーズ」

杉浦社長が中身を抜いたティッシュ箱を持ってきた。そしてセブン山本が6枚の名刺を入れてシャカシャカシャカ

「シェイクシェイクシェイクシェイク」
場内大爆笑

選ばれる確率は3分の1.

まさかの展開に控室モニタで観ていた新人2人は唖然。

「それでは今日お越しいただいた特別リングサイド最前列のお客様にカードを1枚引いていただきましょう」

あくまでランダムに選ばれたということを強調したいのか・・・・

ティッシュ箱を受け取った小川あかりレフェリーが最前列の観客に差し出す。
「あー、船橋から来られた、石井さんですかー。じゃあ、よろしくお願いしますね」

石井さんという中年男の観客がティッシュボックスからカードを1枚引いた。

「なんて書いてありますか?」

石井さんがひきつった表情で答える

「あ、アドミラル・・・ヤジマ・・・さん」

えええええええええええええええええええええ!!

入社2年目の悪女・アドミラル・ヤジマがSクラ出場権を手にしてしまった!!

そして小川あかりレフェリーは青コーナー下のリングサイド席へ移動し、こんどは2列目に座っていた若い女性のお客さんにティッシュボックスを差し出した。

「あー、海老名から来られた、塚本さんですかー、じゃあよろしくお願いしますねー」
「金森選手が出るといいなー」

塚本さんが名刺を1枚引いた。

「なんて書いてありますか?」

塚本さんの表情が凍りついた。
「ゆ、結城千種・・・・選手」

どわああああああああああああああああああ

場内爆発。なんということだ。

「ということで残る2名のSクラ出場選手はアドミラル・ヤジマ、結城千種に決定いたしました!!じゃあ、そんなことで、アディオス」

リング上のセブン山本がマイクで締めた、場内騒然。

「か、かいせつの杉浦さん・・・・」
「知りませんよー、わたしはー。Sクラに出るってことは重いんですよー。山本君は本当にもう・・・・」

あきれた表情をつくってコメントするSPZ杉浦社長だった。

« 第1,750回 新人に負けちゃあ、カッコが悪い | トップページ | 第1,752回 SPZ世界タッグ王座海外流出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。