2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,751回 Sクラに出るってことは重いんですよー。 | トップページ | 第1,753回、血のバンケットルーム、オラァ!事件 »

2014年6月 8日 (日)

第1,752回 SPZ世界タッグ王座海外流出

78年目7月シリーズ最終戦

新日本ドーム大会

続く第3試合はキラーローズ91号&92号VSテディキャット堀、斉藤智子組。

実力派外人相手に新人の斉藤がどこまでついていけるかが焦点の試合だったが、テディキャット堀がパッとしないファイト。外人組に追い込まれてしまう。斉藤も91号のミサイルキックをもろにくらってしまい大ダメージ。それに合体パイルドライバーを食らって無念のフォール負け。勝負タイム11分10秒。その試合が終わると休憩。

休憩明け第4試合は小下小石が登場し、EWAの新鋭、ドリュー・デュークス(初来日)とシングルマッチで対戦。

―手の内がわからない相手だけど、やるしかない・・・

デュークスは打撃主体で多少レスリングもできる選手、蹴り足を捕らえて足関節を取ろうとする小下、そして相手の攻め疲れを見計らってストレッチプラム!

懸命にこらえたデュークスだが14分48秒、無念のギブアップ。

セミ前第5試合はSPZ王者に返り咲いたカンナ神威が登場、ブルーフェンリルと激突。ベルトがかかっていないので自然体でファイトしたカンナ神威、相手の攻めを適度に受けながら頃合いを見計らって鋭い裏投げ!!この一発で戦意を喪失したブルーフェンリル。
「これで終わり」

ネックブリーカーであっさりと3カウントを奪った。勝負タイム10分43秒。

セミファイナルはタッグマッチ。越後しのぶ、金森麗子VSマキーナ姫、エナさん。
「Sクラに…出られなくて・・・よかった・・・」

安堵のエナさん。ようするにリーグ戦参戦してしまうと主君である姫さまと戦わなければならなくなるので嫌だったらしい。

エナさんが落ち着いて越後の腕関節を取ってゆく。そしてマキーナ姫も地道なグラウンドレスリングで追い込む。しかし越後も鋭い打撃でエナを流血に追い込む。最後は4人が入り乱れるタッグマッチ終盤によくある展開の末

「これで決めちゃうから」
伏兵、金森麗子がハイクラッシュでマキーナ姫を蹴り倒し3カウント奪取。勝負タイム29分55秒の激戦。

+++++++++++++++++++++++++

そしてメインはSPZ世界タッグ戦。王者欲野深子、サキタンに挑むのはガラパシ・ガルパン、キラー・キエフ。

オーロラビジョンがザーッと。

「行け!欲野深子、ワシが作った殺人格闘マシーンよ!!ワッハハハー」

病室で刺身定食をほおばる、アポカリプス軍総帥・欲野深三医師が激励する。場内爆笑。
チャンピオンベルト返還、認定証読み上げのセレモニーのあといよいよゴング。

ベルトを防衛してSPZクライマックスに弾みをつけたい王者組。しかしガルパンも実力者、サキタンがつかまる展開。なんとかムーンサルトを繰り出しいい流れで欲野にタッチするも、伏兵キエフが鋭いバックドロップ2連発、そして合体パイルドライバー。

欲野の動きもおかしい。あわててサキタンが出てきたがキエフがまたもバックドロップ。場外へ逃げたサキタンだが、キエフが場外でもバックドロップ!!

これで決定的ダメージを負ったサキタン、続くキエフのネックブリーカーに3カウントを喫してしまった。勝負タイム36分32秒。タッグ王座が海外流出・・・・・

「チッ、サキタンの大うつけめが」

オーロラビジョンでお茶を飲みながら怒る欲野医師だった。

*************************

メイン終了後、山科瞳の引退セレモニー。

ピアノアレンジされた「オーメンズ・オブ・ラブ」がかかり、山科瞳が私服姿でリングへ。

「あー、待ってるの長かったー。」

場内爆笑。第1試合を終えてから控室でずっとアイスティーを飲んで雑誌を読んで待っていたらしい。

「アイドルレスラーとして伝説を作ることができました!またいつかどこかでお会いしましょう!それじゃあね!!」

**********************

山科瞳

SPZ71期

2079年5月17日、奈良総合体育センター大会での対 菊次莉乃戦でデビュー。2086年7月23日、新日本ドーム大会での対 結城千種戦で引退。 稼働月数87ケ月、出場試合数(概算)640試合

タイトル歴

第108代あばしりタッグ王者(パートナーは野村あおば)

« 第1,751回 Sクラに出るってことは重いんですよー。 | トップページ | 第1,753回、血のバンケットルーム、オラァ!事件 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。