2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ツユゾラ20140611 | トップページ | 第1,755回 手探りの部分はあったが、まあ、なんとか。 »

2014年6月12日 (木)

第1,754回 早くも、メッキが・・・

78年目8月

SPZクライマックス

シリーズ開始前日の記者会見でまさかの惨劇。アポカリプス総帥・欲野深三が投入した殺人兵器:スパルタン子により初出場予定の結城千種は叩きのめされ、カンナ神威は怪しい注射を投与されて、止めに入ったセブン山本統括部長も血の海に沈み、バンケットルームは収拾不可能の修羅場となった・・・・

「・・・・とりあえず担架を、3台いります」(杉浦社長)

 「ク、クソーッ・・・・」(セブン山本統括部長)

「山本さん、だ、大丈夫ですか?」

いいひと、エナさんがセブン山本統括部長の頭に包帯を巻く。

数分後、横浜市の救急車が到着し、3人の負傷者を病院に搬送した。

こっぴどく破壊されたバンケットルームの修繕費はSPZに請求書が送られ、激怒した杉浦社長は、結城千種に代わってスパルタン子のSクラ参戦を認めた。

「売られた喧嘩は買います。あんなぽっと出にやられるほどうちのトップどころはやわじゃありません」

殴られた結城千種はさいわい軽傷。リーグ戦参戦は取り消され、8月シリーズは前座戦線でファイトすることが発表された。

しかしエースのカンナ神威は体調を崩し都内の病院に入院、初戦の釧路大会を欠場する仕儀となり、リーグ戦出場も危ぶまれたが、3連覇がかかっているので強行出場を判断、シリーズ第2戦の札幌大会当日、病室から羽田へ向かい、弱々しい足取りで新千歳行きの飛行機に乗り込んだ・・・・

「チャンピオンは私だ。寝ているわけにはいかない」(カンナ神威)

*********************

2戦目の札幌どさんこドーム大会から地獄のリーグ戦がSTART。

小下(2点、逆片エビ固め 11.21)ヤジマ

SPZクライマックス・オープニングマッチを制したのは小下小石。若いヤジマのラフファイトをかいくぐってグラウンドに持ち込み、最後は強烈な逆片エビでヤジマからギブアップを奪い白星発進。

サキタン(2点、ムーンサルトプレスからの体固め 20.05)欲野

アポカリプスの同門にしてタッグパートナー同士の対戦はサキタンが制した。グラウンド攻めをかいくぐって、エルボーで流血に追い込みタイガードライバーで中押し、そして最後はムーンサルトで勝ち点2をゲット。

マキーナ(2点、変形コブラツイスト 13.54)スパルタン子

いよいよ謎に包まれた凶暴戦士、スパルタン子がガウンを脱いだが

「どうせ正体はEWAの誰かですよね」(マキーナ姫)

マキーナ姫、相手の打撃を警戒しながらじわじわと追い込む大人のファイト。そして最後は相手の息切れを待って変形のコブラツイストに捕らえギブアップを奪い白星発進。スパルタン子、早くもメッキが剥げてしまったか・・・・・

K神威(1点、時間切れ引き分け)越後(1点)

「しんどいが・・・やるしかない」

新千歳からタクシーで会場入りしたカンナ神威、見るからに状態が悪そうだ。よりによって今日の相手はカンナ神威の首を付け狙う難敵・越後しのぶ。

「ぐくっ」

体調万全ではないカンナ神威、この日は越後の打撃をもらってしまい攻めがいつもより遅い。得意のサソリ固めで追い込んだものの懸命にこらえた越後、けっきょく30分以内に仕留めきれず、時間切れドローとなった。

第78回SPZクライマックス。優勝候補の筆頭カンナ神威がいきなりの1点ロス。

(続きます)

« ツユゾラ20140611 | トップページ | 第1,755回 手探りの部分はあったが、まあ、なんとか。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。