2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 報道特別番組20140620 | トップページ | SPZスター選手列伝99 小川あかり »

2014年6月21日 (土)

第1,760回 あんたを倒してナンバー1になる

78年目11月
「ダイヤモンドシリーズ」開幕。
シリーズ最終戦は横スペ大会。

外人同士のタッグマッチのあと、第2試合は結城千種VSテディキャット堀。

元世界タッグ王者のT堀相手にも臆せず攻めて行った結城だったが、やはりスタミナ切れを起こしてしまい、ムーンサルトで追いこまれる。しかしギリギリで返した結城、
「だああっ!」

最近使い始めたジャーマンスープレックス!ほとんどのファンはT堀が返すと思っていたが、そのまま3カウントが入ってしまった。

えええええええええええええええええええええ?

場内どよめき。

結城千種、デビュー半年で中堅どころの選手に勝つ!
「これは近いうちトップグループに割って入ってきますよ」
杉浦社長が予言。

***********************

続く第3試合は金森麗子、斉藤智子VSサキタン、アドミラル・ヤジマ。

カード編成の都合とはいえサキタンが前半の試合に登場となった。その扱いに抗議するかのようにまず斉藤智を軽くあしらい、代わって出てきた金森にはバックドロップ、DDTの大技攻勢、そして2発目のDDTで金森を仕留めた。勝負タイム11分55秒。その試合が終わると休憩。

休憩明けは外人同士のタッグマッチ、そのあと、

マキーナ姫、エナのネグシハベシ国タッグが登場し、アポカリプス軍のジョーカーウーマン、スパルタン子と激突。一進一退の攻防が繰り広げられたが、最後はタイムアップ間際にストレッチプラムを決めたマキーナがジョーカーウーマンからギブアップ勝ち。

セミはSPZ王座次期挑戦者決定戦として行われた。

小下小石VS欲野深子。アイドルグループと兼業の小下だが、相手はアポカリプス軍のエースとあって分が悪く、スキの無いレスリングにズルズルと追い込まれ、17分56秒、スクラップバスター2連発に敗北。

メインイベントは久々開催のSPZタイトル戦、王者カンナ神威に挑むのは越後しのぶ。

8月のSPZクライマックスで引き分けに持ち込んだ実績が評価されての抜擢。

「あんたを倒してナンバー1になる!」(越後)
「まあ、お手並み拝見ということで・・・」(カンナ)

越後もよく攻めたのだが、すべて受けきったカンナ神威がじわじわとグラウンドで痛めつける。こういう攻め方をされると越後苦しい。それでもブラックキック、ダイビングプレス、延髄斬りで反撃して動きを止める。そのあとは双方決め手を欠き、なんと60分タイムアップドロー。王者が防衛に成功。

« 報道特別番組20140620 | トップページ | SPZスター選手列伝99 小川あかり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。