2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SPZスター選手列伝102 山科瞳 | トップページ | 第1,762回 78年目12月 ウルトラタッグリーグ戦(中) »

2014年6月27日 (金)

第1,761回 78年目12月ウルトラタッグリーグ(上)

78年目12月
恒例のウルトラタッグリーグ戦、エントリーは以下の8チーム

カンナ神威、テディキャット堀組

小下小石、結城千種組

越後しのぶ、金森麗子組

欲野深子、サキタン組(アポカリプス)

マキーナ姫、エナ・ガロニンティス組(ネグシハベシ国)

スパルタン子、ダークジョーカー組(アポカリプス)

クリスモーガン&ルミー・ダダーン組(前回優勝IWWF)

リュクスローズ1号&ファンシーローズ2号組(GWA)

第2戦なにわパワフルドーム大会からリーグ戦がスタート。

小下、結城○(2点、ジャーマンSH 15.23)リュクス1号×、ファンシー2号

GWA代表のローズ組伝統の連携技に苦戦を強いられたものの、耐えきった結城が得意のジャーマンで3カウント奪取。

K神威、T堀○(2点、パワーボムからのエビ固め 27.53)マキーナ、エナ×

カンナ神威、ことしは同期で中堅のテディキャット堀とタッグを組んでの出場となった。ネグシハベシ国の2人とねちっこい攻防を展開。最後はエナがスタミナ切れを起こしたところをテディキャット堀が捕え、パワーボムで熱戦に幕。

モーガン○、ルミー(2点、ポセイドンボンバーからの片エビ固め 11.57)スパルタン子、ダークジョーカー×

外人対決はモーガン組が制し、V2へ向けて好スタートを切った。

「私とルミーが組んだら相手が誰だろうと負けるわけにはいかないでしょう」(モーガン)

越後○、金森(2点、合体パワーボムからのエビ固め 29.59)欲野×、サキタン

一進一退の攻防だったが、タイムアップぎりぎりで合体パワーボムを決めた越後組が激闘を制した。

***************************

第3戦は広島大会。
越後○、金森(4点、ブラックキックからの片エビ固め 19.30)リュクス1号、ファンシー2号×(0点)

越後組連勝スタート。相手チームの連携に手こずったものの、最後は越後が必殺のブラックキックで2号の戦意を絶った。

マキーナ、エナ○(2点、フライングニールキックからの片エビ固め 12.48)小下、結城×(2点)

お手本通りに分断作戦を成功させたマキーナ組がリーグ戦初日。結城千種、やはり狙われるとまだまだ力不足・・・

K神威、T堀○(4点、ムーンサルトプレスからの体固め 20.24)モーガン×、ルミー(2点)

カンナ神威とモーガンが息詰まる熱戦を展開していたが、ダウンしたモーガンの上へ伏兵・テディキャット堀がムーンサルトで舞い降りた。不意の一撃にモーガン、無念の3カウントを喫した。

「NOOOO、ミステークを犯した」(モーガン)

スパルタン子○、ダークジョーカー(2点、キャプチュード 16.51)欲野×、サキタン(0点)

アポカリプスの同門対決を制したのはスパルタン子、危険な角度のキャプチュードで欲野深子悶絶し、3カウントを許してしまった・・・・欲野組まさかの連敗スタート。

78年目12月のタッグリーグ戦、K神威組、越後組が連勝スタート。(続きます)

« SPZスター選手列伝102 山科瞳 | トップページ | 第1,762回 78年目12月 ウルトラタッグリーグ戦(中) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。