2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,831回 テディキャット堀 最終試合 | トップページ | 第1,832.5回 デスマ・ソリューションと上沼垂鉄子 »

2014年10月13日 (月)

第1,832回 81年目3月 越えなければならない壁

81年目3月
「ファイヤーソウルシリーズ」開幕。

第7戦幕張大会でSPZタッグ戦、王者市ヶ谷、マキーナ組が23分27秒、ルミーダダーン、ブルーフェンリルを下し、7度目の防衛に成功。

最終戦はさいたまドーム大会。

外人同士のシングルマッチのあと、第2試合はユキ萩原、REI VSキラー・キエフ、カレン・グレトリーのタッグマッチ。

この試合は新人のREIがあっさりつかまってしまい、グレトリーのラリアットに7分38秒、敗北。

続く第3試合は殺人SEデスマ、上沼垂鉄子VSアドミラル・ヤジマ、スパルタン子。

はぐれアポカリプス軍に懸命に応戦したデスマだったが、最後はヤジマのパイルドライバーでデスマが沈んでしまった。勝負タイム18分16秒。その試合が終わると休憩。

*******************************

休憩後第4試合は金森麗子、斉藤智子が登場し、ブルーフェンリル、レッドフェンリルと激突。
4人が入り乱れる乱戦の末、最後はジェットスマッシュを決めた斉藤が22分1秒、レッドフェンリルを倒して勝利。

セミ前はこれが最後の対決となる最強外人対決。クリス・モーガンが13分35秒、ポセイドンボンバーでガルパンを沈めた。

セミは小下小石VSマキーナ姫。いまのSPZ4強の直接対決だが、最近忙しくなってコンディション維持が難しいのか、アイドル兼業レスラー小下が攻め込まれるシーンが目立つ。この日もマキーナ姫のタントラ仕込みの攻めに押されっぱなしで、最後は
「せっ」
19分55秒、伝家の宝刀マキーナミスティカを食らって終了。

「・・・・っ」

小下小石、Sクラを制覇したこともあるのにSPZベルトに手が届かぬまま終わってしまうのか・・・

************************

さいたまドーム大会メインはSPZ戦。王者結城千種に挑むのは、市ヶ谷レイカ。

「結城・・・さんはどうしても越えなければならない壁」

一進一退の攻防を経て、市ヶ谷が早めにDDT、バックドロップと仕掛けてきた。焦った結城がタッチアウト。しかし市ヶ谷2で返して

「覚悟なさい」
ハイキック一撃。こんな技もとっさに出るようになった。結城ダイビングプレス、まだ決まらない。市ヶ谷2度目のバックドロップ!結城頭からマットへ、

ワン、トゥ、
スリ。

28分55秒、市ヶ谷レイカが3カウント奪取。王座移動。

« 第1,831回 テディキャット堀 最終試合 | トップページ | 第1,832.5回 デスマ・ソリューションと上沼垂鉄子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。