2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,840回 ここまでは、計算通り | トップページ | 第1,842回 82年目9月 結城千種VS市ヶ谷レイカ »

2014年11月 2日 (日)

第1,841回 相星決戦

第82回SPZクライマックス 終盤戦の模様をお伝えします。

第7戦は仙台大会

デスマ(4点、カットオーバー 14.33)斉藤智(2点)

星の上がっていない両者の対戦はデスマが制した。必殺のカットオーバーで斉藤智をギブアップに追い込んだ。

市ヶ谷(12点、ラリアットからの片エビ固め 8.51)ブリザード(4点)

市ヶ谷レイカ余裕の6連勝。ブリザードを全く問題にせずラリアットで沈めた。

小下(8点、ストレッチプラム 19.59)ヤジマ(6点)

ヤジマの力押しに苦しんだ小下だったが、ストレッチプラムに組みとめて絞り上げて4勝目。

「あの2人には勝てませんでしたが、拾える星は拾わないと・・・ですね」

結城(12点、延髄斬りからの片エビ固め 7.21)金森(0点)

結城千種も全勝キープ。7分少々で実にあっさり金森を下した。

「ここまでは想定通り。最終戦、市ヶ谷さんをなんとかします」(結城)

+++++++++++++++++++++++

そして最終戦は横スペ大会。

斉藤智(4点、ジェットスマッシュからの片エビ固め 22.07)ヤジマ(6点)

20分を超すいい試合となった横スペの休憩明け、ヤジマが場外乱闘で優位に立ったが、リングに戻ったとたんに斉藤智が起死回生のジェットスマッシュ。斉藤智、初出場のリーグ戦は4点に終わった。

「全然納得・・・していませんよ。」(斉藤智)

デスマ(6点 カットオーバー 11.41)金森(0点)

殺人SEにカットオーバーでとらえられた金森麗子、けっきょく全敗でリーグ戦を終えた・・・・

小下(10点、ストレッチプラム14.01)ブリザード(4点)

小下小石、危なげないファイトでブリザードに勝利。市ヶ谷、結城の2強にはかなわなかったものの、その他の選手からはきっちり勝利して10点でリーグ戦を終え、3位の賞品スポーツドリンク1ケースをもらって引き揚げた。

市ヶ谷(14点、ゴッデスボムからのエビ固め 18.30)結城(12点)

最終戦メインイベント、勝ったほうが優勝の大一番。

序盤は掴み合いのもみあいからドロップキックの応酬。序盤は全くの互角。市ヶ谷がラリアットを見せれば結城はフロントスープレックス。両者力を尽くした消耗戦になってきたが、市ヶ谷のタイガードライバー炸裂。しかし結城も返してレッグドロップで反撃。

「ウォォォォッ」
先に仕掛けた市ヶ谷、得意のゴッデスボム炸裂!!
ワン、トゥ、スリ
まともに食らった結城、無念の3カウントを聞いた

市ヶ谷レイカ、SPZクライマックス初優勝。笑顔で大トロフィーを抱いた。

「オーホホホホホ、とうっぜんの結果かしら」

« 第1,840回 ここまでは、計算通り | トップページ | 第1,842回 82年目9月 結城千種VS市ヶ谷レイカ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。