2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,851回 じゃあ、このへんで! | トップページ | 冬が近づく20141122 »

2014年11月21日 (金)

第1,852回 旗揚げ82周年記念エッセンシャルシリーズ

83年目4月
新人テストで藤田一美を獲得。陸上競技の経験があり運動神経がよさそうだったので採用した。

「旗揚げ82周年記念エッセンシャルシリーズ」開幕。ドーム級の会場を回るビッグなシリーズ。さすがにドームクラスの会場となるとマッチメイクにも気を使う。

2戦目の札幌では市ヶ谷&マキーナ姫VS結城&小下というスペシャルタッグマッチが組まれ、17分の熱戦の末結城千種がタッチアウトでマキーナ姫を下した。

その四日後、第4戦新日本ドーム大会では結城&小下VS市ヶ谷レイカ、遠藤亜美というタッグマッチ。同じ顔合わせの昨年末のタッグリーグでは市ヶ谷組が勝っているカードの再戦。なんとこの試合、市ヶ谷が暴れまわり、遠藤亜美があとをうけて奮戦。ダブルインパクトまで見せたが懸命に結城ロープへ。最後は乱戦の中、遠藤亜美を捕まえた小下がSTFでギブアップを奪った。

シリーズ第5戦大阪なにわパワフルドーム大会では空位となっていたあばしりタッグ王座決定戦。(ダイナマイト・サラがスケジュールの都合で来日できず、あばしりタッグベルトを先月返上した)レッドフェンリル、ブルーフェンリルVS殺人SEデスマ、上沼垂鉄子。しかし外人組のパワーをさばききれず、最後はデスマがつかまってしまい
「ううっ・・・システム、トラブルッ」

19分14秒、ラリアットで敗北。

*************************

最終戦は名古屋しゃちほこドーム大会。

第1試合は鳥海理奈VSリサ・ライアン。入社2年目に入った鳥海だが、守勢に回ると脆い癖は相変わらずで、この日もリサ・ライアンのヘッドバットを食らって敗北。勝負タイム11分22秒。

続く第2試合は、アドミラル・ヤジマが登場しミスUSAマスクと対戦。アドミラル・ヤジマが力押しで攻めきり、ラリアットで勝利。

(筆者ここで寝落ち)
外人同士のタッグマッチを挟んで、休憩後第4試合はデスマ、上沼垂、REIの沈没艦隊3人と、金森麗子、遠藤亜美真美が激突。いつも通りバタバタした戦いとなったが、最後は遠藤真美がつかまってしまい。

「489系アタック!」
シャイニングウィザードを決めた上沼垂鉄子が勝利。

セミはマキーナ姫、エステル・ブリザードのネグシハベシ国コンビVS小下小石、斉藤智子のタッグマッチ。マキーナと小下がベーシックな攻防を展開。最後は小下がブリザードをSTFに捕らえて、勝利。

*****************************

メインイベントはSPZ戦、王者結城千種に挑むのは市ヶ谷レイカ。

昨年9月以来、7か月ぶりの両エースの激突。序盤は静かな立ち上がりだが、中盤から市ヶ谷がブレーンバスターやDDTで優位に立つ。そして重爆ドロップキック。

「覚悟なさい」

市ヶ谷タイガードライバー。何とか返した結城、必殺タッチアウトを繰り出すが、ダメージの蓄積の無い市ヶ谷2で返す!それでも結城、あきらめずダイビングプレス、バックドロップで反撃。

「そろそろ、切り札を出す頃合い・・・ですわね」

こうなっては市ヶ谷も必殺技を発動。ゴッデスボム炸裂。まともに食らった結城千種は無念の3カウントを聞いた・・・・

またしても結城、市ヶ谷に勝てず王座を手放した・・・・・勝負タイム27分58秒。

« 第1,851回 じゃあ、このへんで! | トップページ | 冬が近づく20141122 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。