2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,940回 それぞれの闘い | トップページ | 夏の夜、熱帯夜へ201506 »

2015年6月12日 (金)

第1,941回 これでまた一歩、頂点に

86年目12月

ウルトラタッグリーグ終盤戦の模様を

第7戦は仙台大会。

藤田、我那覇○(8点、合体パワーボムからのエビ固め 20.50)ユキ萩原×、斉藤智(4点)

藤田組が4勝目を挙げてリーグ戦勝ち越し。最後は斉藤智を場外に落としておいての合体パワーボム2連発。容赦のない攻めでユキ萩原を沈めた。

オリンピア○、ブリック(7点、ハイパージャーマン 12.44)ヤジマ×、鳥海(5点)

ベテランのヤジマ、初顔のオリンピアにも果敢に向かって行ったのだが、ハイパージャーマンをまともに食らって敗北・・・

ロパトカ、シューター○(10点、ハイキックからの片エビ固め 11.09)サプレーション、サブリマティー×(2点)

ロパトカ組が1敗でピタリ追走。最終戦に望みをつないだ。

遠藤亜美、真美○(12点、バックブローからの片エビ固め 12.09)アッローラ×、シーガル(0点)

これは遠藤姉妹にとってイージーマッチ。白星配給係を落ち着いて退けた。

******************************

そして最終戦、さいたまドーム大会。

ユキ萩原○、斉藤智(6点、シャイニングウィザードからの片エビ固め 14.26)サプレーション×、サブリマティー(2点)

あばしり王者チームが有終の美。6点でリーグ戦を終えた。

我那覇○、藤田(10点、ジャーマンSH 13.56)アッローラ×、シーガル(0点)

我那覇組が堂々の10点でリーグ戦を終えた。オリンピア組に勝つなど存在感を発揮。

ロパトカ○、シューター(12点、変形STF 11.59)ヤジマ、鳥海×(5点)

ロパトカ組は1敗を守ってリーグ戦を完走、メインイベントの結果次第だが、優勝決定戦の可能性を残している。ヤジマ組、前半は良かったのだがリーグ戦後半は失速し、5点に終わった・・・・

遠藤亜美○、真美(14点、ネックブリーカードロップからの片エビ固め 28.49)オリンピア、ブリック(9点)

この一戦に勝つか引き分ければ優勝の遠藤姉妹。市ヶ谷への挑戦を表明しているオリンピア、ここで遠藤姉妹を潰しておきたいところ。優勝賞金がちらついたのか遠藤姉妹、硬さの残るファイト。これだからリーグ戦の最終戦は魔物が棲んでいる。

「ウォラァ」
オリンピアがバックドロップ、しかし真美も2で返してコンビネーションキック、試合は盛り上がった。そして15分過ぎにオリンピアがハイパージャーマン!!

「ギギギg」
初めての衝撃に場外エスケープを余儀なくされた亜美、場外で懸命に息を整えた後

「ウアーーー」
リングに戻るやデスソースキック炸裂!しかしオリンピア、」ロープへ逃げた。

再度の場外乱闘を挟んで、
「さあ、さあ!」
2度目のデスソースキック、しかしブリックのカットに阻まれた、

「真美、逆カット!」
遠藤亜美、ここでとっておきの裏技、ネックブリーカー炸裂。これでオリンピアを仕留めた。

遠藤姉妹、タッグリーグ全勝優勝。決して楽な戦いではなく、ロパトカ組、オリンピア組との戦いはぎりぎりのところで勝ちを拾った感じ。

「これで、また一歩・・・頂点に近づきました」(遠藤亜美
優勝した遠藤姉妹には賞金1000万円と、副賞のブランド時計が贈られた。

« 第1,940回 それぞれの闘い | トップページ | 夏の夜、熱帯夜へ201506 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。