2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,952回 87年目6月 さいたま決戦 | トップページ | アイスがうまい20150711 »

2015年7月10日 (金)

第1,953回 予選会、最後のイス取りゲーム

87年目7月
「サマースターナイツシリーズ」開幕。

シリーズ第6戦で宇都宮大会、メインはあばしりタッグ戦、王者ヤジマ、スカルオークに挑むのは沈没艦隊のデスマ、上沼垂鉄子組。ベテランのヤジマが前面に立って奮戦するも、調子でも悪いのか腰に手を当ててしまい波状攻撃ができない。そうこうしているうちにスカルオークがつかまってしまう苦しい展開。最後は孤立したヤジマ、万事休すと思われたが、起死回生のパワーボムを決めてデスマから3カウントを奪った。勝負タイム48分14秒の激戦。

「はっきりいって、しんどいね。」(ヤジマ)

シリーズ第7戦の幕張大会でSPZ世界タッグ戦、王者オリンピア、エミリーブリックに対するは前王者の市ヶ谷レイカ、鳥海理奈。ベテランの域に入りながらも市ヶ谷レイカ、シングルタッグベルト2冠王に向けて猛攻。ブリックの打撃戦に付き合うなど闘志満点。最後は鳥海がSTOでブリックをなぎ倒し、王座奪還に成功。勝負タイム28分38秒。

最終戦は新日本ドーム大会。
外人同士のシングルマッチのあと、

第2試合は早くもアドミラルヤジマ、スカルオークの狂乱コンビが登場。仙涯零、瀬戸田光と対戦。新人の瀬戸田をあっさり戦闘不能に追い込んだ悪の2人が、孤立した仙涯に集中砲火を浴びせて3カウント。勝負タイム13分6秒。

外人同士のタッグマッチの後休憩。

第4試合はSPZクライマックス出場者決定戦、デスマ・ソリューションVS上沼垂鉄子。

「・・・・・・ITの力で、目の前の相手を粉砕する」

「進行!!」

普段はタッグを組んでいる者同士の対戦は、、意外にも上沼垂が押し気味に進め、最後は意外に重たいハイキックで3カウントを奪い3カウント奪取。11分4秒、初のSクラ出場を決めた。

「負けを覚悟してやったんですけど・・・最後はうまく打撃が入りました。普段タッグを組んでいるデスマさんを蹴ってしまうのは心苦しかったのですが、来月のSクラ・・・そうですね、いつも通り、平常運転します。」

セミファイナルは遠藤亜美、遠藤真美、ユキ萩原VS藤田一美、鳥海理奈、川端明子。

川端以外の5人はSクラ出場が決まっている豪華な6人タッグ。最後は格落ちの川端がつかまってしまい、ユキ萩原が真美との合体パイルを決めて3カウント。勝負タイム14分58秒。

メインイベントはSPZ戦、王者市ヶ谷レイカに対するはゴールドフェンリル。この試合は市ヶ谷様の完勝。来月のSクラへ向けて調子のいいところを見せつけ、12分45秒、タイガードライバーで完勝。王者が22度目の防衛に成功。

« 第1,952回 87年目6月 さいたま決戦 | トップページ | アイスがうまい20150711 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。