2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本日休載150715 | トップページ | 第1,953.9回 決断を 吹きかけるため »

2015年7月16日 (木)

第1,953.7回 SPZクライマックス予告編

第87回SPZクライマックス予告編

発表されたエントリーメンバーは以下の8名

◆市ヶ谷レイカ(23)8年連続8度目の出場
第82回・83回・第84回・第85回大会優勝

◆ユキ萩原(22)6年連続6度目の出場

◆上沼垂鉄子(22)初出場

◆遠藤亜美(20)5年連続5度目の優勝
第86回大会優勝

◆遠藤真美(20)4年連続4度目の出場

◆鳥海理奈(20)2年連続2度目の出場

◆藤田一美(19)2年連続2度目の出場

◆我那覇愛(18)3年連続3度目の出場

昨年、遠藤亜美にまさかのフォール負けを喫して優勝をさらわれてしまったSPZ王者市ヶ谷レイカ。あれ以来フォール負けを喫していないが、過酷な連戦の続くSクラでは何が起こるかわからない。

記者さんたちの間では、本命、市ヶ谷レイカ、対抗、遠藤亜美とみられていた。順当にいけば最終戦でこの2人が優勝をかけて昨年同様激突することが濃厚とみられていた。

「まあ、去年のあれはまぐれ。わたくしが優勝することは確定事項ですわね」(市ヶ谷)

「白星を7つ重ねるつもりで行く。また市ヶ谷さんをマットに沈める」(遠藤亜美)

優勝争い以外にも、4位以上または7点以上の選手に与えられるシード権争いも苛烈。藤田、我那覇、鳥海ら中堅どころがしのぎを削る。

そして、キャリア8年目でSクラ初出場を果たした苦労人、上沼垂鉄子、上位相手にどこまで通用するか。

見どころ満載のSPZクライマックス、2095年の夏も熱い。

« 本日休載150715 | トップページ | 第1,953.9回 決断を 吹きかけるため »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。