2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 暑いので休載 | トップページ | 第1,959回 結城千種 引退ロード »

2015年7月28日 (火)

今ごろになって

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」

新潮文庫で上下巻で出たので上巻を買いました。

上巻だけで500ページ。綿密な取材に裏打ちされた細かい記述。

上巻は希代の柔道家、木村政彦が熊本から出てきて、師である牛島辰熊に鍛えられ、柔道家として大成するも、大戦が勃発し柔道から離れ、戦後の混乱期を経てプロ柔道立ち上げに参画するもうまくいかず、ブラジルへ遠征するところまでになっています。

読み応えのある大作で、柔道の流派についてもわかりやすく詳細を記しています。

しかし木村先生は力道山戦の前日に、ブックができているからということで酒飲んだり油断しすぎ・・・っではないですか。突然セメントを仕掛ける力道山に対応できなかったのだから。下巻はこれから読みます。

« 暑いので休載 | トップページ | 第1,959回 結城千種 引退ロード »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑いので休載 | トップページ | 第1,959回 結城千種 引退ロード »