2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,965回 87年目12月ウルトラタッグリーグ(1) | トップページ | 第1,967回 87年目12月 ウルトラタッグリーグ(3) »

2015年8月18日 (火)

第1,966回 87年目12月ウルトラタッグリーグ(2)

第3戦は名古屋しゃちほこドーム大会。

ダダーン○、アフロ(2点、パイルドライバーからの片エビ固め 15.38)デスマ、上沼垂(0点)

デスマのカットオーバーはロープに近く決め手にならなかった。そうこうしているうちに外人組の猛攻でデスマがやられてしまった。

我那覇、藤田○(4点、レッグドロップからの片エビ固め 15.52)Gフェンリル、Sフェンリル×(2点)

このシリーズ、藤田の調子がいい。ハイブリッジで見事なジャーマンを見せ、レッグドロップでトドメ。堂々の2連勝スタート。

遠藤亜美、遠藤真美(3点、時間切れ引き分け)TM、ユキ萩原(1点)

南利美のクローン(ということになっている)TMクローンズだが、さすがに遠藤姉妹の蹴りをドボドボくらって苦しい表情・・・代わったユキ萩原の動きも今一つ・・・
「はt!」
遠藤真美の裏拳でダウンするTM、タッグ王者チームがイニシアチブを握ったまま試合が進んだが、決定的一撃を許さなかったTMクローンズが粘り、時間切れドローに持ち込んだ。

市ヶ谷○、鳥海(2点、タイガードライバーからのエビ固め 13.23)ロパトカ×、サブリマティー(2点)

ここで負けたら優勝争いから脱落してしまう市ヶ谷組、奮起した市ヶ谷様が強豪外人ロパトカをゴッデスボムでたたきつける。これはカットに救われたが落ち着いて鳥海が場外に引きずり込み、その流れの中、市ヶ谷がトドメのタイガードライバーで3カウント。

*************************

第4戦は大阪なにわパワフルドーム大会
Gフェンリル○、Sフェンリル(4点、ジャーマンSH 16.37)ダダーン×、アフロ(2点)

外人対決はフェンリル組が制し、2勝目をマークした。

市ヶ谷、鳥海○(4点、ミサイルキックからの片エビ固め 13.13)デスマ、上沼垂×(0点)

「きょうはイージーマッチ。でも油断は禁物」(市ヶ谷)

長年メイン戦線でもまれた市ヶ谷、鳥海の2人にとって沈没艦隊などもんだにならない。適当に遊んだあと10分過ぎに一気の猛攻でケリをつけた。

遠藤亜美、真美○(5点、合体パワーボムからのエビ固め 22.30)我那覇×、藤田(4点)

ここまで2連勝と調子いいスタートを切った我那覇組だが、さすがに遠藤亜美の蹴り乱打に手こずり、藤田もニーリフトを食らってふがいない状態に・・・

我那覇もレッグドロップを連発するなど健闘したが、先月の恨みを晴らさんと遠藤亜美がニーリフトでことごとく流れを止める。そして最後は合体パワーボムでSPZ王者の我那覇を沈め、1失点を守って首位に踊り出た。

ロパトカ、サブリマティー(3点、時間切れ引き分け)TM、ユキ萩原(2点)

サブリマティーのバックドロップで頭を打ってしまったTMクローンズ、見かけによらず受けがまだ脆い。孤立したユキ萩原もが奮闘するも悪い流れを止められず、最後はTMがロパトカのドラゴンスリーパーにつかまり万事休すと思われたが、ギリギリのところでポイントをずらして失神を免れたTM、なんとか2試合連続のドローを拾ったが、これで4失点となってしまい優勝争いからほぼ脱落・・・

ウルトラタッグリーグ、遠藤姉妹が5点でトップ。(続きます)

« 第1,965回 87年目12月ウルトラタッグリーグ(1) | トップページ | 第1,967回 87年目12月 ウルトラタッグリーグ(3) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。