2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第1,964回 TMクローンズ 参上 | トップページ | 戦後70年、20150815 »

2015年8月14日 (金)

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

名著です。大作です。

新潮文庫で出ています。

下巻も一気に読みました、

ブラジリアン柔術との出会い、エリオグレイシーとの闘い

そして日本へ戻りプロレスに足を踏み入れ、シャープ兄弟相手に負けブックをのまされ続け、力道山に一騎打ちを申し入れるも突然セメントをしかけられ、後半生を失意のまま75歳まで生きるという切ない話。

男の生きざまについて考えさせられました。

« 第1,964回 TMクローンズ 参上 | トップページ | 戦後70年、20150815 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1,964回 TMクローンズ 参上 | トップページ | 戦後70年、20150815 »