2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第2,028回 目の前の一戦ずつつぶしていけば | トップページ | 第2,030回 遠藤姉妹の落日 »

2016年1月19日 (火)

第2,029回 1敗同士の直接対決

90年目12月 ウルトラタッグリーグ戦も後半戦へ

第5戦は名古屋大会。
瀬戸田○、真田(6点、裏投げからの片エビ固め 18.18)ヤロスラブリ、Sフェンリル×(2点)

瀬戸田組が手堅く3勝目。外人組のラフファイトに手こずったものの、瀬戸田がなんとか応戦しジャーマンでヤロスラブリを悶絶させ、残ったシルバーフェンリルを落ち着いて仕留めた。

我那覇○、藤田(6点、ダブルインパクトからの片エビ固め 27.50)遠藤亜美、真美×(0点)

遠藤姉妹の蹴り技に手こずった我那覇だったが、なんとか遠藤真美を捕らえて集中砲火。ジャーマンはカットに阻まれたが、すかさず亜美を場外に落っことしてからダブルインパクトを決めて勝利。

ロパトカ○、フランチェスカ(6点、パイルドライバーからの片エビ固め 11.51)Mカオス、スペンサー×(4点)

外人対決はロパトカ組が1敗を守った。マックスカオスとまともにやっては難しいので、意図的に乱戦を仕掛け、すかさず格落ちのスペンサーに波状攻撃という頭のいい勝ち方。

TM、鳥海○(6点、パワースラムからの片エビ固め 22.59)カネンテ×、Sスパルタン子(2点)

TM組も1敗をキープ。TMが出ずっぱりで流れを引き寄せ、最後は鳥海が強烈なパワースラム炸裂。

*************************
第6戦は札幌大会。

我那覇、藤田(7点、時間切れ引き分け)瀬戸田、真田(7点)

優勝争いを左右する、1敗同士の直接対決。負けたほうが優勝争いから大きく後退するので、熾烈な戦いとなった。真田がものすごい蹴りで主導権を握ろうとするが、藤田のJOサイクロンは一発で試合の流れを変える。押していたのは瀬戸田組だったが、我那覇も懸命の応戦。どちらに転ぶかわからない勝負となった。最後は瀬戸田が逆片エビを仕掛けたが我那覇も耐える。
「残り時間10秒」
耐えきった我那覇、タイムアップのゴングを聞いた。これで両チームとも一歩後退・・・

カネンテ、Sスパルタン子○(4点、ハイキックからの片エビ固め 11.04)Mカオス、スペンサー×(4点)

外人対決を制したカネンテ組が2勝目。最後はSスパルタン子のキックがうなりを上げてスペンサーを撃沈。

ロパトカ○、フランチェスカ(8点、変形裏投げからの片エビ固め 11.11)ヤロスラブリ×、Sフェンリル(2点)

ロパトカ組が1敗を守った。ヤロスラブリとはEWAマットで何度か対戦したことがあるので落ち着いて攻め、最後は変形裏投げを炸裂させて勝ちをもぎ取った。

TM○、鳥海(8点、垂直落下リーマンショックからの片エビ固め 13.57)遠藤亜美×、真美(0点)

危なげなく1敗を守ったTM組。最後はTMが意外な大技、垂直落下リーマンショックで遠藤亜美を沈めて、Sクラの借りを返した。

90年目のウルトラタッグリーグ戦、TM組、ロパトカ組が8点でトップ、我那覇組、瀬戸田組が7点で追う展開(続きます)

« 第2,028回 目の前の一戦ずつつぶしていけば | トップページ | 第2,030回 遠藤姉妹の落日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2,028回 目の前の一戦ずつつぶしていけば | トップページ | 第2,030回 遠藤姉妹の落日 »