2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第2,045回 TMクローンズの爆走3 | トップページ | 第2,047回 91年目9月時点のプログラムから »

2016年2月24日 (水)

第2,046回 TMクローンズの爆走4

第91回SPZクライマックス、リーグ戦も佳境に。

第7戦は仙台大会。

真田(8点、タイガードライバーからの片エビ固め 11.0)Sカムイ(4点)

勝てばシード権確保の真田美幸、対戦相手のカムイを蹴り乱打で追い込んでゆく。しかしカムイもエメラルドフロートを繰り出すも何とか返し、最後はタイガードライバー連発でカムイを下した。真田美幸、シード権確保。

我那覇(10点、エルボーからの片エビ固め 11.29)金井(0点)

我那覇愛、1敗を守った。前座要員の金井相手に落ち着いて試合を組み立て、最後は強烈なエルボーで金井を沈めた。

瀬戸田(8点、ミサイルキックからの片エビ固め 11.29)川端(2点)

勝てばシード権確保が決まる瀬戸田。優勝の望みはなくなったものの渾身の攻め。裏投げ、スクラップバスターの猛攻で追い込み、最後はミサイルキックで勝利。

TM(12点、垂直落下リーマンショック 9.57)藤田(4点)

翌日の横浜で当たる我那覇のために、少しでもTMにダメージを与えておきたかった藤田だったが、TMも短期決戦狙いで来た。垂直落下リーマンショックが炸裂。10分足らずで藤田を退けた・・・

**************************

最終戦は横スペ大会。第3試合で入社2年目の中瀬ピラニアが復帰シリーズの鳥海理奈とシングルで対戦し、なんと掌底からの丸め込みで破るサプライズ。

川端(4点、回転エビ固め 13.25)Sカムイ(4点)

スーパーカムイ、4点でリーグ戦を終えた。予選会では負けている川端を白い絶叫で追い込み、相手のグラウンド攻勢を耐えて、あとは大技一つか二つで勝てるところまで来たが、川端明子、隙を突いて回転エビ固めで丸め込み3カウントを奪った。カウントが早いと小川あかりレフェリーに抗議するスーパーカムイだったが裁定は覆らず。試合後カムイは小川あかりにボディスラム一閃。あわれ、小川あかりレフェリーは担架で運ばれた。

真田(10点、コンビネーションキックからの体固め 17.44)藤田(4点)

真田美幸、堂々の10点でリーグ戦を終えた。この日も藤田のJOサイクロンを食らってしまうなど危ないシーンもあったが、蹴りまくって追い込んで、最後はパワーボム、コンビネーションキックの猛攻で藤田を始末した。

瀬戸田(10点、タイガーSH 7.00)金井(0点)

(最終戦はイージーマッチか・・・)
瀬戸田光、横スペのセミで金井を落ち着いてタイガースープレックスで仕留めて勝利。金井美香、無念のSクラ全敗・・・

TM(14点、垂直落下リーマンショックからの片エビ固め 17.37)我那覇(10点)

TMが勝ちか引き分けで優勝。我那覇は勝てば決定戦という最終戦メインイベントだったが、ゴングが鳴るや否やビールの缶を開ける音多数。要するに誰も我那覇が勝つとは思っていない。

飛びつきか梅コブラで終わりでしょというだれた空気。我那覇も懸命にドロップキックを繰り出し応戦したのだが、TMもジャーマン、ノーザンの猛攻。場外乱闘でも我那覇はやられっぱなし。それでも我那覇、勝負を捨てずレッグラリアート、入った。苦しむTM
「もう一発」
我那覇、2発目のレッグラリアートを炸裂させるがフォールはロープに近い。

「くっこの・・・」

焦ったTM、飛びつき腕ひしぎを狙うがロープが近いので決まらない。ならばとTM,組みあうや垂直落下リーマンショック!!我那覇を振り切って3カウント奪取し堂々の全勝優勝。

メイン終了後表彰式。優勝したTMクローンズには賞金1000万円とブランド腕時計、準優勝は我那覇愛、瀬戸田光、真田美幸の3人が入り、横浜中華街のお食事券が分配された。

« 第2,045回 TMクローンズの爆走3 | トップページ | 第2,047回 91年目9月時点のプログラムから »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。